© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

悟りと自覚(1 「本当の気付き」)

08.10.2018

人生で経験する恐れや不安 、悩みや苦しみから逃れるために、
いろんなセラピストやヒーラー 、占い師 、霊媒師たちのもとを渡り歩く人、
『癒し 』にフォーカスしたスピリチュアルジプシーになってしまう人たちは、
あるパターンにハマっています。

 

セミナーやセッション、ワークなどで、
体感や心理的な効果を感じ、
思い切り泣いてしまうことも珍しくありません 。

 

泣くと、一時的にではありますが、
感情がスッキリするので、
その場では満足するのですが、
肝心の行動の修正があまりなかったりするので、
また少し経てば同じレベルの問題に出会ってしまいます。

 

対面のコミュニケーションで、
人は、相手の言葉を聞きながらも、
相手の心を受け取るということがなかなかできなかったりします。


相手から発せられた言葉を自分が受け取った瞬間に、
その言葉は、
自分の記憶の中のイメージと結びつけられ、そこから、
マインドが相手の意図に関係なく、
自分の中で勝手に解釈のストーリーを創りはじめます 。


人の心をその場で読み取るテクニックは、
このマインドの 
『自作自演の暴走行為 (思い込み ) 』
を利用したものです。


カウンセリングなどでも、
何かアドバイスをするのではなく、
傾聴に徹してるだけで

勝手に相手が自分の中から答えを見つけて

解決に至ったりします。


ワークショップなどで泣いてしまうのは、
自分の記憶の中の心が敏感に反応する部分に触れてしまって、
抑えられていた感情が、
一気に表に溢れ出しているだけです。

 

それでその感情の根本から解放されることもありますが、
そこでヘンにスッキリしてしまうことで、
その奥にある、本当の原因である潜在的な恐れや不安にまで

届かずに終わってしまうことも多いです。

 

自分が恐れ、悩み、苦しんでいることが、
全て、自分自身が創造しているものだと気付いた時、
人は泣くよりも「むしろ笑ってしまうモノ」です 。

 

自分の思い、想念がすべての現実を創りだしていること。

 

散々苦しめられてきた舞台裏が、
実はすべて自分の自作自演だったと気付いた時にこみ上げるおかしさ。

 

全てがクリアに理解できたことによる爽快さ 。

 

本当に大きな 『気付き 』が起こった時、
そこで、一切の深刻さが消え失せます。
それが根源的な癒しとも表現できる 『悟り 』です。

 

今まで気付いていなかったこと、
観えていなかったものに気付くこと。
そしてそれを認めること。


それが 『自覚 』です。

 

『悟り』とは、
「自己の本質を自覚するということ」です。

 

以上。

 


神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload