© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

四つ葉のクローバーの意味

30.09.2018

四つ葉のクローバーの

それぞれの葉には意味があります。

 

そしてそれが揃うと幸せになれます。


その4つの葉の意味は、
『勇気』、
『信頼』、
『愛情』、
『希望』
です。

 

これは、去年の朝ドラ「べっぴんさん」の第一話で
主人公の母親が、
子供時代の主人公に丁寧に教えたものです。


このドラマは昭和初期を舞台に、
神戸で高級子供服メーカーとして今なお人気があり、
皇后美智子さんがご懐妊の際に皇室御用達にもなった
『ファミリア』の物語です。


そこには、
義理の兄が創り上げた『レナウン』や、
1960年代に青山はVANの街と言われるほど一世を風靡した

『VAN』の創業者などが、
主人公を取り巻き、
その時代とビジネスの成長を描いています。

 

そして、
このドラマのテーマにもなっているのが
四つ葉のクローバーとして表現される、
『勇気』、
『信頼』、
『愛情』、
『希望』です。


4人の若き女性が集まって始まった、
赤ちゃんにとって本当に心地よいものを届けたいという

想いを込めた商品づくりを描いています。


『べっぴんさん』という言葉は、
今ではかわいらしい女の子という意味で使われますが、
真の意味は、
本当に心を込めて手塩にかけて育て上げた
「別品格」ということです。

 

それぐらいこだわって作ったものだからこそ、
皇室御用達になる程、
認められるものになるのです。


そんな「べっぴん」を創るために必要なエネルギーが
『勇気』、
『信頼』、
『愛情』、
『希望』
を揃えることです。

 

自分の意思を通し、
人の意見に振り回されず突き進む、
それはとても怖いことです。


そのために『勇気』が必要になります。

 

実際に論理的な説明ができたり、
積み重ねた実績などが
『信頼』に繋がっていきます。

 

感情はまさに『愛情』の意味するところです。


どれだけその人の気持ちに接していけるのか?


そして、
時には泣き、
時には明るく笑顔で、
心を通わせることが出来るかは、
この感情のエネルギーが必要です。

 

そして、
調和を取るエネルギーです。 


どこが不調和なのか、
何が欠けているから幸せになれないのか?


もっと豊かになるためにはどうすればいいのか?


その潜在意識の想いが、
『こうなったらいいよね』という『希望』として湧いてきます。


この四つ葉のクローバーのエネルギーは全て自分の中にあります。

 

人それぞれパラメーターが違っていて、
一番高いものが、
自分のベースとなるモノで現れます。

 

ですが、
4つのエネルギーは全て高めることが出来ます。

 

是非、
4つのエネルギーを高めながら
べっぴんなお仕事をしていきましょう。

 

以上。

 


神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload