© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

ライフワークになるのは、やらずにはいられないこと

26.09.2018

好きなことをやって本当に食べていけますか?


私は必要とされることができますか?


という質問を頂くことがあります。

 

ニュアンスとしては、
私に対して、
『約束してもらえますか?』と問いかけてきます。

 

私は、
もちろんです。


と答える人と、
約束されることなんて人生にはないので

自分で創り出す意識が必要です。
と答える人がいます。

 

それは、
やりたいけど不安(自立的)なのか
誰かに約束してもらいたい(依存的)なのかの違いです。

 

好きなことを仕事にするというのは、
職種とか、
表面的に何をやるかは、
問題ではありません。

 

自分本来のあり方で活動できさえすれば
ライフワークになります。

 

仕事の基本は、
正確さと素早さという事が

機能的側面があります。


それを踏まえた上で、
より自分のあり方が出せるかどうかで
自分も楽しくなり、
他との差別化も出来てきます。

 

そこには、
心からの想いがあります。

 

ですから自然に、
会話やしぐさが現れます。


これを表面的にマネしてもダメです。


気持ち悪いだけです。

自然とやってしまうこと、
やらずにはいられないこと、

そこをちょっとずつ「開放」していくことで

自分らしさが出てきます。

 

自分らしさを出すという事は、
好かれる人が増える一方で、
避けられる人も増えていきます。


ですが、
そこは人それぞれ価値観が違いますので仕方ないです。

 

自分の世界観に共感してくれた人に
心を込めて寄り添うことが出来れば、
ファンはガンガン増えていきます。

 

表面的な面でみると
機能的側面ばかりになってしまうので、
まずは自分がどんなことを
大切にしているのかという想いを
「自分で自覚する作業」は、
とても大切です。

 

それを、
掘り下げる時間を持つという事をするのは、

一生の財産になります。

 

そして、
あり方として合っている活動、
そのあり方が認められる場は、
自分で創るという意識が必要です。

 

例えば、
レジ打ちの仕事として、
レジ打ちの売り場が大型店で、
その方針が『素早い機械に徹しろ』では、
あり方が活かせません。


それなら、
小さな街のスーパーマーケットの方が
あり方が活かせます。


そのように、
場を変えたり創ったりということは、
自分から考えて行動しないと出てきません。

 

『自分で自分の人生をデザインする意識』

これは益々必要になる意識です。

 

以上。

 


神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload