© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

好きなことをやる人生と好きなことをやらない人生

22.09.2018

2極化というと、
勝ち組と負け組というような意味合いで使う人も多いのですが、
そうではなく、
どちらを選択するのかということです。

 

好きなことをやらない人生とは、
『楽な人生』を選択しているという事です。

 

これを説明無しに言ったら、
「いやいや、楽なんてとんでもない!毎日大変です!」
と言うでしょう。

 

でも、
意識の世界から見たら違うんです。


潜在意識的には、
とても楽をしている人生なんです。

 

もちろん、
例えばですが、
会社の方針に従い、
上司の顔色をうかがい、
お客さんと良い関係を作るために

無理をする大変さは分かります。


ここは、
まるで違う世界なのです。


ですから、
選択ということになります。

 

私はよく映画に例えますが、
例えば、
普通の主婦が毎日、
家事と仕事に追われるというなんの代わり映えもない日常を

1週間追ったドキュメンタリー映画と、
突拍子もないですが、
普通の主婦が突然、
夫が実はスパイだったと知らされ、
巨大組織の陰謀に巻き込まれながら、
世界を揺るがす大事件を

くい止める主人公になるような冒険映画と、
どちらが楽しいかという事です。

 

楽しくて面白く感じるのは、
やっぱり冒険映画だと思います。

 

好きなことをやる人生とは、
冒険映画なように「物語性のある人生」の

主人公になります。

 

それは、
自分が未来を見据え、
その時に考え、
自ら行動するということの連続が

物語を描き出していくからです。

 

一方、
好きなことをやらない「楽な人生」とは、
誰かに行動を定めてもらっているので、
物語として感じないのです。

 

そして、
重要なのがどちらの人生を選択しても
『問題は必ず起こる』ということです。


特に、
冒険映画は未知で巨大な問題が次々と
襲い掛かってきます。


恐いし、
不安だし、
自分の弱さと常に向かい合い、
絶望したりします。


でも、
それを乗り越え、
自分のステージを上げていくことで、
最初の問題なんて余裕で解決できる

自分になっていきます。

 

これは、
潜在意識的に見ると、
とても大変な行為です。

 

逃げたいし、
楽をしたいと常に考えます。

 

生物的には、
無理せず明日も生きられることの方が重要なので、
とても変化を嫌います。

 

ですから潜在意識は変化のない人生を望み、
たまに快楽的な興奮で欲求を満たすことが出来れば、
それなりに楽しく感じる人生になります。


それを十分満たせる社会でもありますし、
どんどん楽が出来る社会にも発展しています。


ですから、
2極化していきます。

 

整理すると、
『好きなことをやる人生』とは、
楽しいし、
ワクワクすることを常に考える一方、
いつも先頭を切って未知の領域に

足を踏み入れなければならない恐怖と、
どんどん巨大になる敵に立ち向かう

大変さを感じる人生となります。


そのレベルアップする感覚もまた楽しいものです。

 

一方、
『好きなことをやらない人生』とは、
自分で考える必要が無く、
たまに刺激的なことを楽しめる一方、
不平不満が絶えずあり、
どこか人生をつまらなく感じます。


心から好きなことをやっていないのですから、
不満が絶えず出てくるのは当たり前のことです。

 

これは、
どちらの人生が優れているという事ではないです。

 

私は、
心に目を向け、
本当の自分の想いから心豊かな人生を創ろう

ということを目指していますので、
『好きなことをやる人生』を選択していこうということを

勧めています。

 

でも、
『怖そうだし、楽な方がいい』ということを選択するのも

人生としてはありだと思います。

 

知っておいていただきたいのは、
今、
好きなことをやっていないのなら、
選択しないでいると、
どんどんその世界が開くという事です。


潜在意識的には、
自然と楽な人生を選択していきます。


そして、
短期的に快楽を満たしてくれることもまた
どんどん増えていきますので、
それに意識が向かいます。

 

ですから、
いざどこかで『好きなことをやりたい』と思い立った時、
その楽な人生に溺れていたところから脱するのは、
相当エネルギーが必要になっていきます。


携帯ゲームを何気なくやり、
テレビを見て笑い、
美味しそうなケーキに飛びついていれば、
本当の意味での「好きなこと」へ

意識を向ける時間なんて無いです。

 

そんな短期的快楽欲求に向かわせる情報が
これからもどんどん溢れかえりますから、
もう、
相当意識的に取り組まないと、
好きなことを実現することが難しくなります。


これが2極が分かれるという要因です。

 

これは、
人生とは、
苦しさに耐えるのが美徳なんだという価値観か、
人生とは、
自分らしく自由に創り出せるものなんだという価値観の、
どちらに属するかという選択とも言えるかもしれません。

 

そしてその潜在意識的な側面は全くの逆で、
自分からは何もしない楽な人生か、
自ら恐怖を克服する厳しい人生かということです。

 

あなたは、どちらを選択していきますか?


この時期、この瞬間に、
ここを選択していく意識を持つことで、
全く違う世界の見え方になっていきます。

 

以上。

 

 

神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload