© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

選択肢が多すぎると、人は不幸せになる

19.09.2018

その中で、
これだけ情報量が多く増え続ける時代において、
心理傾向として
『2種類の人間に分かれます。』

それが、
『最大化人間(マキシマイザー)』と
『満足人間(サティスファイサー)』です。

 

『最大化人間』は、
自分にとって最高の選択を望むため、
迷って悩んで、
なかなか選択できません。

 

選択しても

「もっと他に最高のものがあったんじゃないか?」と、
潜在意識で常にグルグルします。


心から、
本当の意味で満足できません。

 

一方の、
『満足人間』は、
あるモノで満足してしまう人です。


情報が増えると、
選択をあきらめ、
目の前のもので満足してしまう人間です。


世界が広すぎると、
逆に恐かったり、
面倒臭くなったりして、
自分の殻にひきこもってしまう感じです。

 

ライフワークの視点で言えば、
『最大化人間』は、
どこかに自分に合う生き方があると思って
自分探しの旅をずっとしている状態です。

 

『満足人間』は、
もう面倒だからと引きこもってゲームをやっていたり、
スピリチュアル系だと、
「神様や天使がいっぱいで幸せ~」的な、
別の世界にひきこもって、
地に足のついてない状態です。

 

とある博士は、
これだけ情報過多になると、
最大化はいつまでも終わらないから、
「満足人間」になろうと言います。

 

そして、
そのために重要な視点を2つ述べています。


一つが、
『絶対的な正解はない』という感覚です。

 

皆様はテスト勉強で、
正解を求めることばかりしてきました。


それは、
『正解がある』という錯覚を刷り込まれています。


正解を求めようとすると、
最大化のワナにはまります。

 

もう一つ大切なことが、
『自分の価値基準をしっかり持つ』ことです。

 

まさに、ここが重要です。

 

自分の核となるものがあれば、
その枠でなら最大化を目指せますし、
適度な満足も得られます。

 

自分の進む方向性や目的意識と、
幸せ感の調和が得られていきます。

 

ライフワークを探求するという事は、
「自分を掘り下げ、
価値基準の基となる
自分の核を創ること」です。

 

これにより、
情報過多の時代を本当の意味で、
幸せ感の溢れる意識状態に持っていけます。

 

もし、
何か選択した後にモヤモヤしていたら、
それは、
「自分の方向性が定まっていないことの証」です。

 

『最大化人間』と『満足人間』のワナにはまらないために、
やはり、
ライフワークを見出していくことが
『とても人生を左右していきます』

 

以上。

 


神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload