© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

適者生存の法則

15.09.2018

『自然界の法則』と
『ライフワークの発展の仕方』について。

 

よく自然界は『弱肉強食』の世界だと言われます。

 

しかし、
それは間違いです。

 

例えば、
超凶暴なトラと、
チューチュー鳴くネズミを比べれば、
圧倒的にトラの方が強いわけです。


同じオリの中にいれたら、

ネズミは秒殺されるでしょう。

 

しかし、
実際の自然界では、
トラは、年々頭数を減らし、
絶滅危惧種に。


かたやネズミは、
世界中に分布しています。

 

自然界の法則は、
弱肉強食ではなく『適者生存』
なのです。


その場に適するものほど、
生き延びるというわけです。


単純に、強い、弱い、
スキルがある、ない、 
ではないのです。

 

場に適する者が、
繁栄していきます。

 

これは、
とてもライフワークに通ずるものがあります。


例えば、
何らかの資格を取ったとします。


その資格の肩書きだけで勝負をするのは、
トラとネズミが同じオリの中にいる状態です。


この場合『弱肉強食』になってしまいます。

 

世界は広いです。


でも、
そのオリという生存範囲を決めているのは自分です。


ここで重要なのが、
この生存の場は、
「自ら変えられる」という意識です。


場を変えたり、
自分が適する「場を創り出す」ことで、
『適者生存の法則』が働きます。

 

場を変える方法は、
『掛け算』です。


資格×得意分野などで、
場を変化させられます。


今、
『自分はここが弱い』と感じていても、
適する場にいけば、
それが充分強みに変化します。

 

この場を変える「自由度」は、
小さな個体ほど有効です。


いつもお腹を空かせているトラと、
食べ物がある場所にどんどん移動して、
のんびり昼寝でもするネズミという構図。

 

それが、
今の時代は、
大企業ほど変化に対応するのが遅れ、
苦しくなり、
かたやちょこちょこ動き回れる

スモールビジネスが有利と言われる要因です。

 

これは、
インターネットという情報空間が新たに生まれたことによって、
世界がさらに広がったことによる、

『適者生存の法則』が際立ってきたことを意味しています。

 

あなたがもし伸び悩みを感じていましたら、
今のオリという範囲を決めている思考を「柔軟」にし、

場をどのように変化できるかを見てみると
新たな視点が見えてきます。

 

以上。

 


神鷹のコラムでした。
 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload