© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

ライフワークに必要な4つの目

14.09.2018

4つの目とは、
「鳥の目」
「虫の目」
「魚の目」
そして「人の目」です。

 

「鳥の目」とは、
大空から全体を見る視点です。


俯瞰して物事見ることで、
どこのバランスが悪いのかを見ていくことが出来ます。

 

「虫の目」とは、
アリの視点で細かく見ていくことです。


『神は細部に宿る』なんて言葉もあるように、
細部にまで気を配れる虫の目の視点が必要です。

 

そして、「魚の目」は、
流れを読む視点です。
自分の流れはどういった方向に進むのか、
過去はどんな流れだったのかなど、
過去から未来への流れを、
自分や、
業界や、
日本や、
世界など様々な流れを、
見られる視点が必要です。

 

最後は「人の目」です。


これは、
気持ちに寄り添う視点です。


リーダーや経営者は、
『クールヘッド、ウォームハート』
であるべきだと、
イギリスの経済学者アルフレッド・マーシャルは言いました。


分析的な視点は、
クールに傾きたがります。


ですから、
最後は人の気持ちを感じる
暖かい心が必要です。

 

この「4つの目」で見ていくことで、
ライフワークは、
ビジネスとしても大きく育っていきます。

 

以上。

 


神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload