© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

4つの世界の統合

13.09.2018

単純な自己満足だけの『大好きなこと』では、
なかなか広がりが生まれてきません。

 

そこに、
自分を超えた想いが芽生えてくるほどに、
世界に影響力が出てきます。

 

そのために、
私が意識している大切なことが、

その人本来の『あり方』と、
具体的な『やり方』を繋げることです。

 

『あり方とやり方を繋げる』って、
これも口でいう程、
簡単なものではありません。

 

その人のあり方も、
とても奥が深いものですし、
やり方も今の時代いろんな方法があります。

 

その中で、
自分が楽しくて、
やりたいビジョンが描けて、

しかもスキルがあって
お金も稼げて、

自分が『その世界のリーダーとしてやっていきたい!』と

腑に落ちた強い想いが湧き上がるような
それをすべて満たせる
『真のライフワーク』を創っていくことを目指して私は、
説法などをしています。

 

そのために、
必要だと思っているのが、
『4つの世界』の統合です。


私達は、
みんなが共通して生きるリアルな『現実の世界』と、
心の中で想う『意識の世界』の狭間で生きています。


そして、
時間軸は常に、
『過去の世界』を創り出し、
『未来の世界』に向かいます。

 

現実の世界

意思の世界

その間。
その狭間が『いま、ここ』の自分です。


中今ですね。

今、コーチやヒーラーなど

心を扱う人達がたくさんいますが、
この4つの世界を扱うには、
私はそれぞれのスキルが必要だと思っています。

 

『現実=未来の世界』を切り開くのは、
『コーチングスキル』です。


コーチングは、
特に未来に向かって進むための、
具体的なステップや計画に秀でたスキルです。

 

『現実=過去の世界』を使うのが、
『コンサルティングスキル』です。


過去の成功事例などを参考に、
より効果が上がるように軌道修正を考えていくスキルです。

 

『意識=未来の世界』を扱うのは、
『リーディングスキル』です。


少しスピリチュアル的ですが、
その人の想いを読み取るようなスキルです。


「本当はこんな想いですよね」と、
気付くスキルです。

 

そして『意識=過去の世界』を扱うのが、
『カウンセリングスキル』です。


過去に寄り添い、
その人のあり方に共感していくスキルです。

 

それぞれのスキルを単体で見ても
4つの世界を扱うことになるのですが、
得意としている世界が違うので、
それぞれのポイントで使用しています。

 

4つの世界、統合するよう意識しましょう。

 

以上。

 


神鷹のコラムでした。

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload