© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

知覚を開く

06.09.2018

人の意識には、

顕在意識

潜在意識

集合体無意識

があります。

 

知覚を開くとは、
思い込みを手放すことであり、

集合体無意識へのアクセスが出来るようになることです。

 

具体的なテクニックなどは、
特別な会や、個別セッションにてお伝え致しますが、

それには、

自分の感覚が伝えてくることを信頼すること。

 

非物質的感覚である想像力の熟練。

 

その感覚(体感覚)で、「意図を定める」こと。

です。

 

注意点としては、
解釈を司る顕在意識の存在を理解し、
有効に活用することです。

 

最終的な私の意図を先にお話しすると、
上記が出来るようになると、

自分自身も相手(大切な方)も、
精神的な囚われから、
リトリーバル(救出)出来るからです。

 

私は、
キャンドルサービスのように、
幸せの灯火を皆さまが自分主体で出来るようにしたいのです。


特にマスターマインドは、絶対になって頂きます。

 

一つだけテクニックをご紹介します。

 

「愛と恐れは同時に存在出来ません。」

皆さま、自分の思い出の中に
愛されている記憶、愛している記憶。


必ず愛で溢れるコトがあるはずです。

 

もし、不安や恐怖を感じたら
自分、もしくは相手にそれを投げかければ良いです。


自分も相手も必ず変わります。

 

愛で、不安や恐れは消せます。


潜在意識を意識的に活用するのは、
「意識の集中と想像力を養い、
そして使うこと」が全ての始まりです。

 

続きは、
明日のコラムにて。

 

以上。

 

 

神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload