© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

悩みと使命感

06.09.2018

生きていれば悩みは尽きないですよね。

 

でも、
この悩みというのも
その人の才能を導き出す重要な手がかりになります。

 

人には生まれ持ったその人ならではの感性があります。


どんなことに対して心が動くのかは
その人ならではの感性の働きによります。


嬉しいこと、
ワクワクすることは、
人によって違いますから。


そして悩みも。

 

『え?そんなことで悩んでいるの?』と
自分では、
気にもしないようなことで悩んでいて、
驚く事ってありませんか?

 

まさに、
その人ならではの感性が動いているんですね。


普通は悩まない所で悩んでいる。

 

それは、
その人の才能が「隠れている」という事でもあります。

 

その問題には、
自分の人生にとって必要な学びや教訓があって、
それに気づくことで、
自分の人生への想いが明確になったりします。

 

ここでお伝えしたいのは、
『役割』と『役目』の違いについてです。

 

外側から与えられる役割でみんな生きようとしています。

 

それが自分の役目なんだと言い聞かせるようにです。

 

本来の役目とは自分で決めるものです。

 

そして、
ちょっとスピリチュアルな感じですが、

人には生まれながらに自分の役目
『自分はこんなことをやりたい』ということを決めています。

 

それが神様に与えられたのか、
魂の自分が生まれる前に決めたのか、
そんなどうあっても証明できないことはどちらでもいいのですが、

重要なのは、
生まれながらに、
その人ならではの感性があり、

感性が動いたポイントを繋げていくと、

自分がこの世で生きる

『お役目』、『使命感』が芽生えてくるという事です。

 

生まれてからの人生ストーリーにはやはり
大いなる意味が隠れていると確信しています。

 

その意味に気付こうとする「姿勢」があると、

自分の役目がぼんやりと見えてきて、

そして、
「意志」の力で自分で決めてみると、

使命感という大きなエネルギーになります。

 

もちろん、
この先の経験でその使命とした言葉はどんどん変わります。


そこは固執せず、
ズレを感じたら変化していった方がいいと思いますが、
「今、自分はこんな役目があると思っている!」
と決める姿勢が

ライフワークを大きく発展させていく原動力となっていきます。

 

悩みが出たら、
それは何か自分の才能が隠れているサイン。

 

そしてそこから学んだことは、
自分の人生のテーマや役目に関わることがとても大きいので
自分で積極的に解釈してみたら、
エネルギーに変換していけます。

 

ただ、
自分だと現実にべったりし過ぎて、
客観的に見られないがゆえに、
解釈が難しいという事はあります。


そんな時は、ご相談くださいませ。

 

以上。

 


神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload