© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

劣等感の上手な使い方

06.09.2018

劣等感を感じてしまって

全然前に進めないという悩みをよく聞きます。 

 

あなたは、
『劣等感』や『嫉妬』を感じることってありませんか?

 

その何となくネガティブな感情で、
「自分はダメだな~」なんて思ってしまうことってありますね。

 

よく心理学や自己啓発の世界では、
「嫉妬するのをやめましょう~」とか、
「劣等感を感じる必要はありません。
あなたは今のままで素晴らしいんだから」
と言ったりしますが、

はっきり言って無理です。

 

感じる時は、
ちゃんと感じます。

劣等感、嫉妬、不満足、妬み。

 

これらは、
動物的本能でもあり、
生きるためのセンサーでもあるからです。

 

例えば、
ライオンのオスは群れを乗っ取り、
自分の子孫を残そうとします。

 

もし、
劣等感や嫉妬する気持ちが無ければ、
自分は子孫を残すことができません。

 

劣等感は相手の力量を瞬時に計り、
無駄な争いを避けることにも有効なセンサーです。

 

縄張りや群れを持つ動物は、
嫉妬の原型とも言えるこの感情を持っているといわれています。

 

ですから、
私達人間がこの感情を感じないという事はありえないし、

感じることは普通のことです。


皆様にプログラムされた感情です。

 

ただし、
そこには健全な使い方があって、
間違うと、
ただただ自分を苦しめることになっていきます。


その使い方を簡単にお伝え致します。

 

まずこの感情が生れるのは、
『相手と自分の比較』によって生じてきます。

 

人と比べることによって生まれるのですが、
その『他人と比べたままにする』ことは、

自分を責めてしまうだけで、
心を不健康なものにしてしまいます。

 

実は、
嫉妬を感じる裏には、
『自分もそうなれる!』という想いが隠れています。


だから、
湧き上がってくる感情でもあるんですね。

 

例えば、
あなたのライフワークがピアノ奏者の場合、

同じピアノ奏者には嫉妬を感じることもあるでしょう。

 

でも、
ポケモンGOのようなアプリを作った人を見て
嫉妬や劣等感を感じるでしょうか?


凄いなとは感じても、
嫉妬はしません。


逆にアプリ制作者なら嫉妬を感じると思います。

 

このように、
実は劣等感や嫉妬を感じる相手とは、

自分もそうなりたいし、
なれると思えるような、
『理想の自分を見せてくれている人』ということでもあります。

 

この視点がとても重要です。

 

劣等感を成長のエネルギーに転換するには、

『他人と、自分との比較』から、

『理想の自分と、今の自分の比較』に変換させて使うことがカギです。

 

他人との比較のままでは、
エネルギーを下げるだけです。

 

この変換を上手にやっている人が、
オリンピック選手のように、
黙々と練習に打ち込めるような、
成長のエネルギーとして有効活用しています。

 

ネガティブな感情も、
上手く変換するとエネルギーに変えていけます。

 

以上。

 


神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload