© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

心の交流が無いと、人は生きていけない!

28.08.2018

あなたには、
心から会話ができる相手がいますか?

 

人間は、
心の交流や協力が無いと、
生きる力を失うことがあります。

 

戦後1954年、
ある養護施設のデータにこんな記録があります。


親が亡くなったりした0~1歳の赤ん坊を

引き取る施設でのことです。


この施設は、
食事と衛生環境はしっかりと整っていました。


しかし、
91人の子供のうち、
2歳になるまでに37%が命を落としました。


その原因は、
大人の人数がいないために、
子供たちはほぼ放置状態。
唯一足りなかったものは、
心の通うコミュニケーションでした。

 

コミュニケーション不足で心の交流が全くない状態だと、
生きていくことすらままならなくなるという事です。

 

『誰かに必要とされている』、
『自分がいることで誰かが喜んでくれる』
ということが、
どれだけ人に生きるエネルギーを与えるかは、
アウシュビッツ強制収容所を経験した心理学者

ヴィクトル・フランクルも語っています。

 

自殺大国なんて言葉で語られることもある我が国ですが、
内閣府の発表では、
3年前の自殺者は年間2万4千人。


東日本大震災の死者行方不明者が1万8千人ですから、
あの震災以上に、
毎年、
自ら命を絶つ人がいるということに驚きを感じます。

 

その中で「無職者」が約1万5000人で

全体の約60%を占めて最も多い状況。


やはり仕事というものは、
ある種の「必要とされている感」が芽生えるものです。

 

ライフワークは、
仕事や活動を自分で創ることができていきます。

これからは、単純な仕事がどんどん奪われる時代。

 

それは、
グロバール化による安い労働力の流入、

ロボット工学の発達による無人運用などで、

労働力による対価は限りなく低くなっていきます。

 

私達は、
ライフワークを突き詰めて、
自分だけにしか出来ない
「onry one」の活動を作ることが求められます。


そうすれば、
どう時代が流れても、
自分の立ち位置を確保していくことができます。

 

いまから準備していきましょう。

 

そうすれば、
おのずと心の交流はどんどん深まっていきますし、
生きるエネルギーも湧いていきます。

 

以上。

 


神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload