© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

出来る人は長期的思考をしている

28.08.2018

今の世の中は、
とても選択肢の多く、
どんどん増えている状態です。

 

情報革命という言葉が生まれて久しいですが、
今の世の中、
『選ぶことのできる情報が、
消化できる情報の2万倍もあります。』

これは、
喫茶店で3種類のコーヒーからお好きなものを選べばよかったものが、
6万種類もある分厚いメニューを渡されているような状態。

 

例えば、
頭が痛いとなった時、
ドラッグストアに行けば、
何種類も似たような薬があって選びにくい。


ネットを叩けば、
何万ページも検索で出てくるし、
色んな症状が書いてあってよくわからない。


すると、
人は思考を停止し、
取りあえず病院に行っとくかとか、
薬剤師に聞いとくかと、
専門家任せにします。

 

もちろん専門家に任せるのはいいことですが、
問題なのは、
自分の人生すらも人任せになってしまっていないか
ということです。

 

『もっと楽しい人生にしたいな~』
と思って、
ちょっと世の中を見ただけで、
そりゃもう楽しませる情報がわんさかあります。

で、選びきれない。


だから友人の言葉や、
おすすめ情報などを頼りにして、
あんまり自分で考えないというクセが付いてきてしまっています。

 

『本当の自分はこんなことがしたい』
だから、
これを選ぶという、
自分の本当の気持ちがまるで反映されず、
思考が停止した状態でただ選んでしまっています。


しかもそういった情報のほとんどが、
短期的な解決法でしかありません。

 

お腹が減ったと、
濃い味付けのハンバーガーばかり食べていることと、
あんまり好きじゃないけど、
体に良いブロッコリ―をたくさん取り入れるのとでは、
短期的な視点では、
ハンバーガーの方が満足するかもしれません。


でも、
長期的な視点では、
ブロッコリ―をしっかりと取った方が良いことは明白です。

 

しかし、
そんなに好きじゃない野菜を取り入れるには、
長期的に思考していなければ食べようとはしません。


出来る人は、
常に『長期的思考』をしています。

 

未来を見据えて考えられ、
選択できます。

 

こんな言葉があります。

 

『人生は楽に生きると、難しくなる。
難しく生きると、楽になる。』

 

現代は、
モノに溢れているからこそ、
楽に生きることがしやすくなっています。


短期的な満足感をどんどん繰り返すことで、

それなりに楽しい人生を送れます。


でも、
心のどこかで『本当に満足してる?』と問いかけられる時代です。

 

心の奥、
潜在意識では、
短期的な満足感では人生が充実しないことが分かっているからです。

 

『本当の自分は何を望んでいるのか?』
ということを、
長期的な視点で考えて、
そのために必要なものを手に入れるための『選択できる思考力』を
身に付けていきましょう。

 

以上。

 

神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload