© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

幸福に感じる人生と意識の秘密

17.08.2018

幸福な人生と意識の関係について

お伝えしていこうと思います。

 

この視点を持つことで、
自分で幸せをデザインする意識が作れます。

 

まず、
単純な話、
幸せは皆様の内面で作られます。


幸せの要素は、
現実世界に合っても、
幸せを感じるかどうか、
その人それぞれです。

 

脳機能学的に言えば、
脳内の側坐核(そくざかく)などが反応したり、
ドーパミンなどの快感物質が放出される

という事が分かっています。

 

ですから、
今幸せになれることばかりやっていれば、
ずっと幸せな状態な訳です。

 

では、
なぜやりたくもない仕事を

していたりするのでしょうか?

 

それは、
未来が予測不可能なために不安になるからです。


そのために、
その不安を取り去ってくれるであろう一番の特効薬が

「お金」だからです。

 

お金がもたらした、
人間にとってとても価値のあるものが二つあります。

 

それは、
長期的な生活設計と夢(物質的な)です。


それまでの部族的な暮らしは、
その日暮らしの生活でした。
食べ物も保存がきかないため、
その日のうちに分配され消費されるという
超短期思考でした。

 

それが、
価値を永遠に担保されるかのような「お金」の誕生は、
長期的な視点を人間にもたらしました。

 

そして、
あらゆるものと交換ができるお金は、

いつか手に出来るかもしれないという夢を

与えてくれるものになりました。

 

ただし、
お金の負の側面もまた大きく出てきます。

 

お金を自由に取引する資本主義社会では、

持つものと持たざる者という貧富の差を

必ず生むという特徴があります。

 

ここにハマってしまうと、
不安な気持ちをできるだけ軽くするための

人生になってしまいます。

 

ですから、
幸福な人生をデザインする時は、

どれだけ未来のビジョンを明確に描けるのか?

 

を突き詰めていく必要があります。

 

自分にとって最高の人生を描くことで、
それを妄想しただけでちょっとにやけてしまうような。

 

しかも、
多くの人が一緒に喜んでくれるような未来の「ビジョン」。

 

そして、
ここから重要なのですが、

不安があるのは、
今の自分と、
その理想の未来の自分に大きな飛躍があって、
道が繋がっていないから、
不安になるんです。

 

潜在意識の中では、
その飛躍している未知な部分はとても恐ろしく感じて、
今の状態に戻そうという強い働きを引き起こします。


潜在意識の現状維持メカニズムです。

 

ですから、
私達がやっていきたいことは、
その飛躍を出来るだけ埋めていき、
なるべく可視化していくことです。

 

道が繋がったのなら、
あとは勇気と自信をもって歩いていけばいいのです。

 

楽しくなるための道を歩いているので、
多少のことも楽しく頑張れます。

ただ、ココもまた結構不安を呼びます。

 

突然、
クマが出てきたらどうしよう?


台風が来て流されたらどうしよう?


なんて不安がいつも芽生えます。


ですから、
一緒に歩いてくれる人がいると心も安心してくるのです。

 

それが、
私だったり、
同じような夢を描く人と一緒に進むことだったり。

 

道が分かっていて、
楽しい仲間もいる、
そして描く近い未来もどんどん叶っていく。


これは楽しくないはずがない状態です。

 

まずは、
なるべく長期的で幸せな「ビジョン」を描いてみて下さい。


目標10コであったり、
ブレインダンプであったり、
マインドマップですね。

 

不安と向き合う人生から、
幸福と向き合う人生へと変えていきましょう。

 

以上。

 


神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload