© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

時間管理

08.08.2018

著書『7つの習慣』の中で、
コビー博士が紹介している
時間管理のマトリックスは、
面白いです。
 
このポイントだけ知っていると、
やることが明確になります。


軸は、
緊急=緊急でない(緊急度)
重要=重要でない(重要度)で、
見ていきます。


すると、
4つのマスになります。
 
①重要であり、緊急 『必須』
締め切りが迫っている仕事や、
自分に危機感のある事などです。
 
②重要ではあるが、緊急でない『価値』
計画や準備、
勉強などの自己成長スキルアップ、
改善、
健康管理、
適度な休みなど、
今すぐやらなければならないことではないが、

長期的に見るととても大切なこと
 
③緊急であるが、
重要でないこと『錯覚』
誰かからの電話やメールへの返答、
無意味な会話や人付き合い
これは、
誰かにとっての緊急であって、
自分にとっては錯覚です。
 
④重要でもなく、緊急でもない『無駄』
だらだらとテレビを見たり、
スマホを見たり、ゲームしたりというヒマつぶし
 

 


まず、
①『必須』はやらなければなりませんので、
時間管理の中でも、
まずこれがきます。
誰もが間違いなく取り組むので、

ここは勝手にやっている状態です。
 
残りの時間の中で、
重要でない③と④を無くして、

②『価値』をどれだけ増やしていけるのかが

ポイントになります。
 
ここが本当に、
大きなポイントです。

 

そのために、
重要度を自分で把握する必要があります。


傍目からは、
のんびり映画を見ていたとしても、
だらだら過ごすのか、
重要度を把握して意味のある見方をしているのかで
同じ時間、
同じ行動だとしても、
まるで変わってきます。
 
 
『やる事の重要度を意識する』
ということを少し頭の片隅に
入れておいてください。

 

 

そして、
②の領域を増やしていきましょう。
 
長期的に見ると、かなりの違いが表れてきます。

 

以上。

 


神鷹のコラムでした。
 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload