© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

悪魔言葉

08.08.2018

私達が何か新しいことをはじめようとするとき、
必ずリミッターが掛かります。


自分の内側に、
新しいことをやろうとすると、
すぐさま注意するような先生がいます。
 
動物的本能とも言える作用、
『現状に引き戻そうとする力』です。
脳科学では『コンフォートゾーン』なんて言ったりします。


自分の安全領域というコンフォートゾーンを持っていて、
そこから出ようとすると、
潜在意識で押し戻されてしまうのです。
 
動物でいえば、
テリトリーのようなものです。
自分の安心できる場を作っています。
 
夢や目標に向かうという事は、
このゾーンを出なくてはならいので
とても怖いのです。
動物がテリトリーから出ちゃったら、
すぐさま死の恐怖が増大します。
 
人間も同じように、
自分の安全領域を知らず知らずの内に作っていて、
そこから出ようとすると、
『やめろ~』と叫ぶ先生が出てきます。


これが、
心のリミッターです。
 
このリミッターは、
結構強力で本当に知らず知らず

ネガティブな感情を抱かせてきます。
 
そして、
それを口にしてしまうと、
もう逃れられません。
それが『悪魔言葉』と言われています。

 

 

 

その強力な悪魔言葉を4つ紹介します。
 
1、出来ない
 
2、無理
 
3、わからない
 
4、メンドクサイ
 
まず、
『出来ない』と言わないこと。


本当に出来なくなります。


行動派は、
達成することが困難だとすぐに感じると、
ついこの言葉が出てきます。
 
『無理』も同様です。


頭の回転が早い方は、
瞬時に『あ、無理です』
と頭の中でコンピューターが弾きだしてきます。
 
『わからない』は、
分からないままにしておかないという事です。


感覚を大切にしている方は、
『わかんな~い』で

すぐにすませちゃっていませんか?


分からないを分かるにしていく

スタンスが大切ですね。
 
そして『メンドクサイ』。


すぐに心に浮かびたがります。
 
リミッター作用で、
これらの悪魔言葉は心には浮かびます。

 

でも、
発する言葉は変えていきましょう。
 
このまま口にすると、
リミッターが強化されさらに変化するのが

難しくなっていきます。
 
以上。

 


神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload