© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

幸せとは?

08.08.2018

とても危険そうなことでも、
夢中で幸せにやってしまう人がいます。
 
『おいおい、止めとけよ~死んじゃうよ~』と

多くの人は言うでしょう。
 
ここにはまるっきり違う価値観があります。
 
例えば、
不幸せなゴルファーと

幸せなゴルファーというお話を聞きました。


ゴルフをしていて、
4打に入れればパーというところ15打も叩いてしまった。


ゴルフという競技は、
なるべく少ない打数でクリアしていくルールです。
 
ですから、
そのルールで言えば、
最悪で気分はイライラ。
 
では、
幸せなゴルファーは、
『いや~こんないい天気にたくさん打ててよかったな~
あいつ、
この気持ちいい天気に4打しか打てないで
ずっと歩いてるだけなんてもったいないよな~』
と、そう思った瞬間、
自分は何を楽しむためにゴルフをしに来たのかに気が付けます。
 
プロなら話は変わるでしょう。


でも、
一般の私達は、
その決まったルールに縛られ無くてもいいんです。
 
気持ちのいい天気の下で、
運動して、
健康に貢献できればいい、
知人とゴルフを通じて楽しい関係なれたらいい。


ぐらいの想いだったら、
競技のルールなんてどうでもいいんですね。
 
結局、
不幸せな感覚というのは、
誰かのルールに乗っているから出てきます。
 
幸せは、
ルールに気付いて変換していけばいい。
 
ただ、
それはなかなか気付けないものです。

 

潜在意識に強い観念として刷り込まれています。


これをゆるくほどいていくことがまず最初に

しなければならないことかもしれませんね。
 
ライフワークを生きるという事は、
人生を自分のルールに変えていく作業かもなと、
気付きましょう!
 
そんな、
誰かが決めたルールに気付けるようにしましょう!

 

以上。

 


神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload