© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

安定収入

08.08.2018

皆様は、安定収入が欲しいですか?

 

皆様にとっての『安定収入』という言葉は、
『安定して入ってくる収入』という意味だと思います。
 
でも、
多くの有能な経営者は、
まったく別の意味でこの言葉を使っています。
 
以前、
衣料メーカー『Right-on ライト・オン』の

大株主さんの言葉を聞きました。


『安定収入を欲しがるな。
安定収入とは、
安く定められた収入のことだから。』
 
そうなんです。
出来るだけ安く定められた収入が安定収入。


経営者目線で言えば、
まさにそうなります。


コストの中で、
一番変動率が高いのは人件費になります。


企業から見れば、
できるだけ有能な人を安く雇いたいという事になります。


ですから、
定期的にもらえる安定収入は、
もともと安く設定されています。
 
これが、
普通に感じてしまうんですよね。


アルバイトをする時、
時給800円よりも時給1000円の方が
割のいい仕事に見えますが、
ハッキリ言って起業すれば時給なんて桁が変わってきますし、
遊びと仕事の区別さえ無くなってきます。


でも、
なんとなく仕事には『時給』って感覚が

刷り込まれてしまっています。


 
安く見積もられた、
安定収入がいいか。


不安定でも、
しっかりと自分の能力に見合った仕事がいいか。
 
人はどうしても潜在意識で安定を望んでしまいます。


それでも何かを為すには

不安定に飛び込まなくてはなりません。
 
『安く定められた収入』を、
どうしたら上に伸びる収入『上昇収入』になるのか
考えていきたいものです。

 

以上。

 


神鷹のコラムでした。
 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload