© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

落ちこぼれた「渓流の女王」の末路

06.08.2018

あなたは『ヤマメ』という魚をご存知ですか?

 

とても綺麗な魚で『渓流の女王』と呼ばれています。

 

このヤマメですが、
生まれた場所で生きていける者と、
落ちこぼれてしまう者とに分かれます。

 

川の中では食べ物が限られているため、
徐々に差が付き始め、
か弱いものはどんどん下流の方へと押しやられていきます。

 

故郷の綺麗な川から遠ざかった、
落ちこぼれの女王達は、
ある時海に出る決意をします。

 

そして2年後、
また川に戻ってきます。

川に残った者は体長18cmほどですが、

海に下った落ちこぼれの女王は

なんと体長60cmにもなって戻ってきます。


大きさで3倍以上、
重さでは100倍以上の差をつけて戻ってくるのです。

 

名前も『桜マス』となり、
とても美しい銀色のドレスをまとってきます。


比べるともう全く違う魚のようです。

 

この話しは、
とても大きな気付きをもたらしてくれます。

 

今いる場所が、
自分に合わないと思っていたり、
自分は落ちこぼれていると感じるなら、
住む場所を変えることで大きく成長出来る可能性があります。

 

もちろん見知らぬ場に行くことは、
危険が増えることかもしれない。


でも、
自分の最も適したフィールドを

見つけることが出来るかもしれないんです。

 

そして、
今の時代それが容易に出来てしまいます。

 

色白美人も、
白人の中にいたら目立ちませんが、
黒人の中に行ったら目立ちます。


場を変えることで、
浮かびあ上がる才能もまたあったりします。

 

大きく成長した女王の帰還に、
みんなが驚くような
そんな成長をしていきましょう!

 

以上。

 


神鷹のコラムでした。
 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload