© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

コンプレックスを強みに変える!

23.07.2018

あなたにコンプレックスを

強みに変えていく考え方を
お伝えしていきたいと思います。

 

あなたは、
どんなコンプレックスを

お持ちですか?

 

私達は、
ひとそれぞれコンプレックスを抱えながら、
それを隠そうとしてしまいがちです。

 

そして、
見ないように、
見ないようにしてしまいます。

 

でも、
そこにあなたの強みがあるとしたら。

 

・背が低いのがコンプレックス。
・太っているのがコンプレックス。
・鼻が低い、胸が小さい、ニキビが多い

 

コンプレックスの種は

人によって様々でしょう。


しかし、
そこに果敢に挑んだ結果、
何かを発見すると、
強みに変えられます。

 

人は生まれながらに

個性的です。

 

でも、
集団で生活すると、
そこに平均値が生まれてきます。

 

例えば、
身長だと、
総務省の出している統計では、

男性の平均身長は172cm、
女性の平均身長は159cmです。

 

そこからある程度の許容値が

グラデーションで広がり、
自分が許容から外れていると感じてくると、
コンプレックスに感じてきます。

 

男性で、
155cmくらいの身長になると、
背の低さがコンプレックスに

感じるかもしれません。


女性なら気にならない低さでしょう。

 

実は、
これは自分が所属している場によっても

変わります。

 

もし、
身長が平均150cmの村で生活しているのなら、
背が高い方になってくるからです。

 

自分が平均値から随分外れているという事は、
それは特徴的でもある訳です。

 

ドラえもんの声を担当していた

大山のぶよさんも
昔は自分の声が

コンプレックスだったそうです。


しかしその特徴的な声が、
国民的アイドルになったりもします。

 

ニキビでつらい人も、
みんな顔がボコボコだったら

気にならないでしょうが、
多くの人がキレイな顔をしているから、
コンプレックスに思えてきます。

 

しかし、
コンプレックスに思うからこそ

効果的な改善法を

あみ出したりもします。


そもそも、
そう思えない人は、
何も創り出せないからです。

 

そのような自分にしか

気づけないことを生み出せると、
平均値から逸脱した人だけでなく、
平均値内で普段はそんなに思っていない人さえも

お客さんになってきますので、
実はかなり儲かります。

 

ビジネスの視点で言えば、
コンプレックスがない、
『なんかもう自分って全てが普通~~』
という事の方が逆に悩んじゃったりします。

 

そんな時は、
場を変えてみるのも一つです。


平均値が動きますから、
自分の特徴が出てきたりもします。

 

個別セッションしていて

いつも思うことは、
自分では普通だと思っていても、
みんなとても個性的なんですが。

 

コンプレックスに挑んでいくことで、
そこに自分だけのノウハウが生れます。


それが、
みんなの喜びになり、
ビジネスになります。


コンプレックスが、
強みになります。

 

そんなことを気軽に話せる場を

作っていきたいと思っています。

 

ワクワクするような自分に

変身していきましょう。

 

以上。

 


神鷹のコラムでした。
 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload