© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

掃除で居場所をパワースポット化するポイント

14.07.2018

自分の居場所をパワースポットにして
毎日良いエネルギーをもらうためには、
掃除はやっぱり重要です。

 

パワースポット化するポイントは、
使う人が心地よくなるための「意識」です。

 

お店や会社の方が

分かりやすいかもしれません。

 

来てくれた人が、
常に心地よくなるために
全て意識して配置していき、
不要なものは撤去する。

 

相手のことを思って、
心を込めて行うことは
パワーを持っています。

 

でも、
逆になんとなくで置いたものは、
パワーを奪います。

 

例えば、
お店の店内にちょっとした段差が

あったとします。


そしてよくつまづく人がいる。

 

その時に『段差注意』の貼り紙をすることは、
なんとなくした行為です。

 

それでは、
お客さんが注意をしなければなりませんから、
パワーを奪うことになります。

 

本当にお客さんのことを考えるなら、
段差は埋めてしまった方が良いでしょう。

 

または、
待合室の目の前の壁に何もない状態。


これは意識がいかないから

パワーを奪わないように見えますが、
逆に他をキョロキョロしだして、
繁雑なところに目が行き、
パワーを奪います。

 

なら、
来た人が、
思わず微笑むようなものを置くことで
パワーを上げてもらいます。


例えば、
コルクボードに営業担当者の

プライベート写真を載せるとか、
女子社員の紹介などをするとかすれば、

その後の会話のネタにもなって、
楽しみが増えたりします。

 

お客さんが、
明るくなったり、
楽しくなったり、
癒されたり、
良いアイデアが浮かぶような、
そんな空間創りに必要なのは、

全てに大きな意図や

意味があることです。


一方、
自宅となるとこれが自分の事となるので
結構厄介なんですね。

 

『これは使いそうだからここ』と、
意図をもって置いているようで、
実はあんまり使わないものがあったりと、

自分の事となると

よくわからなくなりがちです。

 

思い切って捨てる『断捨離』は、
思いっきりしたいところです。

 

『なんとなくある』
『これ気になる、後で片付けなきゃ』
なんてものは、
ちょっとずつ意識を奪います。


自分のエネルギーやパワーが

漏れてしまうんですね。

 

自分が心地よくなるために置いたものが、
毎日目にすると逆に不要なものに

なってしまうのはよくあることです。

 

その辺を意識して掃除をして、
素敵な空間を作っていきましょう。

 

以上。

 


神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload