© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

人は短期的に満足したい。だから失敗する。

08.07.2018

人は短期的に

満足したい衝動を持っています。

 

人間の脳と動物脳との違いは、
『時間を把握できる』ことにあります。

 

ですが、
1万年も前までは、
そんなに長期に考える必要もなく

暮らしていました。

 

食べたい、
得たい、
セックスしたいみたいな、
衝動的な感情に従い、
短期的に満足することと、
消費することが

まだまだ普通の世の中でした。

 

実は、
ビジネスで失敗してしまうのは、
それが基本的な

人間の本能だからなんです。

 

ビジネスは失敗することの方が普通で、
人間の本能に近いんですね。

 

ビジネスを作る時は、
長期的な視点と、
資源を貯める、
蓄積する
という視点が必要になります。

 

これは、
短期的視点と消費という
人間の本能とは真逆になります。

 

あまり頭を使わないで生きると、
どうしても短期的、
消費的な行動になるのが私達です。

 

うなぎの美味しく焼けた匂いが漂ってくれば、
『あ~食べたい』

と衝動が起こります。

 

冷えたビールと焼き鳥!

味わい深いワインとチーズ!

焼きたてピザもどうですか?!

 

なんて、
そんなものがそこら中に

溢れているんですね。

 

美味しいものにしろ、
娯楽にしろ、
短期的欲求にアプローチするものが

どんどん増えてきていて、
すぐそっちに流されてしまいます。

 

ですから、

ライフワークやビジネスを考える時は、
それらを律することが

必要になります。

 

それは、
普通ではないことをしなければならないので
とてもエネルギーが必要なんですね。

 

といっても、
そんな衝動を

抑えることは出来ません。

 

五感で感じてしまえば、
感情は勝手に沸き起こります。

 

それをうまく

コントロールすることが出来れば、
本能に打ち勝つことが出来ます。

 

このコントロールや

マネジメントが上手い人が
プロや一流になっていくんですね。

 

人間の本能の逆をいかなければ

ならないということを
意識するだけでも、
自分らしい長期的なビジネスや

活動を進める力になっていきます。

 

以上。

 


神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload