© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

スピリチュアルがなぜフワフワしてしまうのか?

08.07.2018

スピリチュアルについてです。

 

私自身は、
スピリチュアルという分野は、
これからの時代において、
特に必要な能力を

伸ばしてくれると思っています。

 

ですが、
その手法や教える人は玉石混交。

 

素晴らしい人もいますが、
ちょっとという人の方が圧倒的に多いのが

現状だと感じます。

 

そんな人から受けるのが、
現実離れしていて

フワフワしちゃってる感覚。

 

私がこれからの時代に必要だと思う能力は、
イメージ化の能力です。


少し難しい言葉を使えば、
『抽象化』の能力です。

 

この能力があると、
物事の動きがすぐに解ったり、
スピードを上げたりと、
様々な良いことがあります。

 

この抽象化を、
私達は普段から日常的に使っています。

 

例えば、
ネコが病気に掛かったらしく、
グッタリとしてしまったとします。

 

『動物』 病院に連れていこう!

と、即行動します。

 

『ネコ』や『動物』というのは、
グループを抽象化(イメージ化)したものです。

 

現実世界には、
『ネコ』も『動物』もないものですね。

 

でも、
ネコを抽象化して、
動物までイメージ化出来るからこそ、
動物病院へすぐに

連れていくことが出来ます。

 

抽象化は、
パソコンのフォルダ構造に似ています。

 

動物のフォルダの中に、
ネコ、犬、カメ、鳥というフォルダがあって、

ネコのフォルダには、
ペルシャ、スコティッシュフォールド、シャム

などが入っています。

 

スピリチュアルとは、
この抽象化の最上位に近いところの分野です。

 

もう神様とかって抽象度が高すぎるんです。

 

ですから、
なかなか降りてこられない。

 

エベレストの頂上に下ろされても、
帰り道が分からない状態です。

 

動物からネコへは簡単に行けますが、
神様からネコへは

なかなか結びつかないですね。

 

抽象化する時は、

現実との対応が不可欠です。

 

その過程をすっ飛ばして、
エベレストの頂上に広がる、
素晴らしい景色に魅了されても、

そこは標高8800メートルの極寒の地です。

 

これを意図的に利用するのが宗教ですが、
(特に新興宗教は思いっきり仕掛けられますね)

スピリチュアルは

このとても高い抽象世界の分野です。

 

ですから、
良い先生は常に

現実と対応させるように導きますが、

ほとんどが一気に

イメージの世界にすっ飛ばして、
あとは放り出されてしまっています。

 

仕方なくやれることは、
世界を分離させちゃうことです。

 

『現実世界は所詮偽りの世界、
私は本当の世界を知っている』

なんて感じになってしまうと、
ちょっとイタい感じに

なってくるわけですね。

 

私自身は、

スピリチュアルを学ぶのは

いいことだと思っています。

 

ネコをすぐに動物病院に

連れていけるようになりますからね。

 

でも、
こういった世界なんだということを知った上で

学んでほしいと思っています。

 

以上。

 


神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload