© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

本業と副業を両立させる方法

02.07.2018

よくライフワークについて、
『副業で何かをしたい』
というご相談があります。

 

でも、
時間が無い、
会社で副業を禁止されているなど、
やりたいけど、
やれないという話が多いです。

 

『やらない言い訳』
を色々お話しくださる人もいます。


気持ちはわかるんですが、
やらない言い訳を

作っていても仕方がないので、
やるにはどうすればいいのかを

考えていきましょうということで、

以前、
課題として出てきたのが、
『副業をやると、本業がおろそかになる』
ということ。

 

副業をしたいということは、
本業では手に入らないことが

あるからしたい訳です。

 

それは、
やってみたいことがあったり、
相手にしたい人(お客さん)

が違うからであったり、
そもそものやりがいかもしれないし、
お金かもしれない。

 

その理由を自覚した上で、
重要なのは、
どっちも本業とする意識なんです。

 

これは前提です。


どちらも大事なことだとしないと、
エネルギーは

一方的に流れてしまいます。

 

これは必ず、
本業にはエネルギーが流れない

構造になっていきます。

 

それで、
副業が本業になって

いずれ乗り換えるというなら、
それでいいのですが、
両方とも両立させたいということを

前提に話します。

 

両方ともにエネルギーを分配するには、
両方に共通する目的や

使命感を作ることが大切です。

 

抽象度を上げて、
この視点で見ると、
やっていることは違うけど、
想いは同じという

見方が必ずできます。

 

その視点をブラさずに持っていることで、
両方にエネルギーを

注ぐことが出来ていきます。

 

これは、
意識のエネルギーであって、
実際の労力には差が出ても、
業績が極端に下がっていくことには

なりません。

 

意識の分散が、
本業をおろそかにして

業績を低下させることに繋がるので、
本業も副業も同じことをしていると

抽象度を上げてみると、
単純に、
仕事の業務が一つ増えたくらいの

感覚になります。

 

自分という会社の中で、
実務が2つあるような感じですね。


外回りの営業と、
内勤の伝票整理ぐらいの

違いになるんです。

 

意識が分散されて、
2兎追うものは一兎も得ず

にならないようにだけ

気をつけるべきです。

 

以上。

 


神鷹のコラムでした。

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload