© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

みんなが神様の時代になってきている

02.07.2018

スピリチュアルなことではなく、
ライフワークやビジネスの視点です。

 

ひと昔前までは、
『カリスマ』と言われるような
神様になる必要がありました。

 

『儲かる』という字は、
信者と書くように、
信者を作れば良いと言われていた時代。

 

自分が神様になる、
自分を神様のように見せることが
ブランディングでもありました。

 

しかし、
今の時代はもう神様で居続けるのが
とっても難しい時代です。

 

すぐに時代が変わって、
別の神様が現れたり、

焦って実力以上のことをやろうとすれば
すぐにバレて、
ファンはアンチに変わってしまいます。

 

これは、
一神教的な、
一つの神に多数の信者という構図から、
日本的な八百万の神的な構図に

変わってきています。

 

みんなが神様で、
みんなに慕われる時代です。

 

これは、
これからライフワークを創っていこう、
ビジネスをやっていこうという人にとっては、
とてもやりやすい時代に

なってきたとも言えます。

 

圧倒的な実力や、
権威が無ければ

神様にはなれませんでしたが、

今は、少しの実力で

神様になれます。

 

何かに少しだけ特化するだけで、
慕ってくれる人が現れます。

 

それが可能な

世の中となってきました。

 

例えば、
昔は洋裁の先生として

カリスマになりましたが、
今は、
ハワイアンキルトみたいな

細分化された分野で神様になれます。

 

しかも、
素人よりも一歩先を

行っていればいいんです。

 

もちろん、
今まででなら規模は

とっても小さくなりました。

 

しかし、
ひと昔前は、
自分の行動範囲で出会う人にしか
伝えられなかったものが、

今は、
ネットの情報世界で

出会うことができますから、
規模のコントロールも自分で

出来てしまうようになりました。

 

ですから、
今までのような一人の神に
群衆が群がるという構図ではなく、

みんながそれぞれ

何らかの神様になれるという、
古神道の八百万の神様的な世界が

開かれてきたことになります。

 

だからこそ、
自分を見つめ、
好きなことをやって
みんなよりも一歩だけ進んだ

神になればいいんです。

 

この時必要なのが、

まずは、一歩先を行くという実力

そして、高い理想です。

 

一歩先に行っていても、
その先の無い人では
魅力はないですね。

 

神様は、
高い理想があるんです。


そこに取り組んでいる姿があって、
実力は自分の持ってないものを

少し持っている人。


そして、
常に実力が上がっている人から、
教えてもらいたいと思うんです。

 

みんなが神様の時代
あなたは何の神様になりますか?

 

以上。

 


神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload