© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

人生に対する感情と成長直線について

25.06.2018

人生に対する感情
には3つの段階があります。

 

1、このままでいい
2、迷い
3、決まった感

 

そして、
この3つは人生の方向性を
このように示していきます。

 

1、このままでいい=下降
2、迷い = 停滞
3、決まった感 = 上昇

 

株価のチャートのように
この3つを繰り返しているのが

人生だという視点で見てみるものです。

 

このままでいいという意識は
停滞っぽいのですが、

実は、
現実がどんどん移り変わるので、
実際は留まっていると

下降していっています。

 

例えばサラリーマンの給料が

年数千円上昇していたとしても、
物価、
税金、
社会保険料、
医療費、
通信費など、
様々な視点から見ると
どんどんライフバリューは

下がっています。

 

ですから、
このままでいいというモチベーションは
成長曲線でいえば

下降する選択になります。

 

そこから、
どうにかしたい、
でもどうすればいいんだろう、
よしこれを取りあえずやってみよう
など、迷いの段階は横ばいの状態です。

 

厳密には、
下がってちょっと上がって、
また下がってみたいな
細かい上下運動をします。

 

起業初期もこんな感じですね。

 

そこから、よしこれだ!
という決まった感が出ると
上昇に転じます。

 

成長曲線もまた急激に上昇します。

 

人間の成長は、
右上に一直線に

上がるような成長ではなく、

最初は、
下の方を横ばいで進みながら、
ある時点を超えると、
一気に跳ね上がるような

線を描きます。

 

迷いから、
決まった感に来た時に
その現象は起こります。

 

人生に対して、

どの状態にあるのか?


と、自分で見ていくことで、
成長をコントロールすることも

出来ます。

 

あなたは、

どの段階にいますか?

 

以上。

 


神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload