© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

輪ゴムの法則

20.06.2018

引き寄せの法則だと

思ってください。

 

引き寄せの法則は、
思ったことが

現実になるということですね。

 

ナポレオンヒルの

思考は現実化するって言葉も
また同じことです。


でも、思ったことが現実化する時と、
しない時があると思いませんか?

 

特に成功したいなんて言う夢は
なかなか引き寄せられません。

 

潜在意識の観点からその問題を見たのが、
『輪ゴムの法則』です。

 

輪ゴムを何かに引っかけて、
伸ばすと自動的に

ひぱってくれる力が働きます。

 

引き寄せの法則なら、
叶いたい夢に輪ゴムを引っかけると
自動的に引っ張っていってくれて
その夢が引き寄せられる

というイメージです。

 

『輪ゴムの法則』
で重要なことが2つあります。

 

1つは引っかける対象
もう一つは、輪ゴムです。

 

まず叶えたい夢が、
ぼんやりとしていると輪ゴムは
まるで透明人間のように、
スカッとして引っかかりません。

 

しっかりとした物体として

ありありとイメージ出来る方が
輪ゴムはしっかりと引っかかります。

 

例えば、
ぼんやりとお金持ちになりたいなー

というイメージよりも、

数年後、
あの課長のようになるのか・・・

の方が超具体的で
現実的なものとして

イメージされています。

 

課長の方がしっかりと

輪ゴムが引っかかるんです。


引っかけてければですが。

 

そして、
そこから今の自分に伸ばしていく。

 

このゴムが太く

伸縮性に富んでいるほど、
自動的に

そこに引っ張っていってくれます。

 

そのゴムは、
自分の想いです。


まずそれを本当に望むのか?


好きなことなのか?


本当の想いなのか?

 

この自分の想いが強ければ強いほど

ゴムは太く、
伸縮性も富み、
自動的に引っ張っていってくれます。

 

この想いが弱いと、
ゴムはだるだるで、
まったく引っ張ってくれません。

 

自動的に引っ張るという意味は、

途中の道のりや途中経過は、
引っかけた時点で
何にも分からなくていいんですね。


それが後から勝手に

見えてくるという感じです。

 

とにかく臨場感のある夢に引っかけて、
想いを込めるだけで、
道は見えてきます。

 

その夢の対象を、
現実にいる『憧れのあのひと』として設定すると
輪ゴム効果がものすごく高まります。


その人がとても大好きで、
私もあんな風になりたいと本気で想い、
行動を決意するだけで、

もうとんでもなく

ひっぱり上げられます。

 

まずはモデリングしましょう

と言われるように、

現実の人を目標値として

設定していく方が
良いです。

 

以上。

 


神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload