© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

ライフワークで陥りがちなワナラピュタ病

04.06.2018

ライフワークで陥りがちなワナの一つ
『ラピュタ病』

についてお話ししていきます。

 

ラピュタは、
あのアニメの天空の城ラピュタのことです。

 

空に浮いて移動しているお城ですね。

 

ライフワークを突き詰めていくと、
どんどん専門性が増していきます。

 

専門家、研究家、職人的になっていきます。

 

そうすると、
専門用語が増えていきます。

 

専門用語を使えば、
長々と説明しなくても
伝えることが出来るので、
コミュニケーションが

楽になる利点があります。

 

ですが、
専門用語を知らない人にとっては、
一体何を言っているのか

チンプンカンプンになってしまいます。

 

まったくコミュニケーションが

取れなくなってしまうんですね。

 

まさに、地上にいる沢山の人たちと、
宙に浮いてしまっている人とで、
行き来が出来なくなる状態です。

 

宙に浮いている方が良いという人もいますが、
それでは世界は閉じていってしまいます。

 

よりライフワークを発展していくことを

望むのでしたら、
2つのことを気にした方がいいです。

 

1つは、地上の人の力を借りる

2つは、他のお城と融合する

 

まずは、
自分の専門性を地上の人に

分かりやすく説明が出来る
力が必要になります。

 

ラピュタからはしごを伸ばして、
地上に降りるイメージです。

 

それが出来ると、
『こんな難しいことを、そんなに簡単に伝えてくれるなんて
とても有り難い』

と感じてもらうことが出来ます。

 

そんなことをしていくと、
ある人が、
『あっちの方にお城が浮かんでたんだけど~』
と教えてくれます。

 

空に浮いていると、
別のお城は見にくくなるんですね。


そして、
そのお城に出掛けて行くことで、
世界は広がります。

 

別のお城、
別の世界と融合していくことで、
自分の専門性と視野が

さらに広がっていきます。

 

このように、ライフワークが進むにつれて、

『ラピュタ病』に陥りやすくなることを
知っているだけで、
随分違います。

 

もちろん専門用語を使うな

ということではありません。

 

専門用語があるほど、
ファンが増えます。


身内でしかわからない会話って

やっぱ楽しいですからね。

 

それを分からない人にも伝えていくことが、
ライフワークの発展には

とても重要な視点になるということです。

 

宙に浮いちゃうんじゃなくて、
ちゃんと地上と行き来できるように

地上から空高くそびえるお城にした方が、

もっと大きく発展していきます。
という感じです。

 

皆様のライフワークが

より大きく発展していくことを
お祈りします。

 

以上。

 


神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload