© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

嫉妬

29.05.2018

先日、
あるクライアント様から、
「嫉妬する自分が嫌なんです!」
なんて話がでてきたのですが、

同じような想いを抱いている方へ、
これを知るだけで、
嫉妬心の捉え方がまるで変わりますよ。

 

嫉妬する気持ちは、
少なからず誰にでもあると思いますが、
嫉妬のままにしておくと、

自分のエネルギー的にもよくありません。

 

「よし!自分もがんばるぞ!」
と思えるほうが
いいですよね。

 

でも、そんな風にもなかなか思えない

ってことがあります。

 

そして、
冒頭のクライアントさんのように、
「嫉妬する自分が嫌い」

という状態になってしまうと、
セルフイメージも下げてしまう。

 

これでは悪循環です。

 

ですから、

嫉妬の捉え方を

変えてしまいたいと思います。

 

嫉妬するということは、
その相手に対して、
何らかの「成功を認めている」

ということです。

 

そして、一番重要なのは、
「その成功は、自分にも手に出来る可能性がある」と
潜在意識では思っている

ということなのです。

 

例えば、
誰かが「ヨットで世界一周してきました」と言っても、
多くの人は嫉妬しないと思います。

 

「へ~すごいね~」と賞賛はしても、
嫉妬は出ないでしょう。

 

それは、自分の欲しい成功では

まったくないからです。

 

でも、
一部の人は嫉妬が出ます。


嫉妬が出る人は、
自分でも出来るし、
やりたいと思っている人なのです。

 

ですから、嫉妬が教えてくれるものは、
自分自身が思っている
『自分の可能性』なんですね。

 

嫉妬する相手は、未来の自分を

見せてくれているのです。

 

もちろん本当に成功を手にしたかったら
そこに向かって歩くことは

重要ですけど。

 

嫉妬が芽生えたことを自覚して、
それは「自分の可能性」なんだと理解すれば、

「可能性を見せてくれてありがとう!よし!自分も!」という
すごく好循環な

エネルギーに変換出来ていきます。

 

嫉妬もまた、
自分自身を知るための優れた

「レーダー」だと思ってみて下さい。

 

とんでもない大物に嫉妬していたら、
あなたは、
きっとそこまで成長できます。

 

以上。

 


神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload