© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

エネルギーの漏れどこを探す

29.05.2018

私が特に個別セッションの場面で

意識しているのは、

エネルギーの漏れどこ、
詰まりどこは
どこかという視点です。

 

物質はエネルギーに変換できると

アインシュタインは言いましたが、
それだけでなく、
お金、感情、知識・スキルなども
エネルギーに変換できる

として捉えています。

 

川の流れをイメージすると、
どこか川幅が急激に

狭まっているところがあれば、

そこから下は、

水の流れは細くなります。

 

ダムみたいなことで、

ほっておくと決壊し、
氾濫します。

 

会社でも

同じようなことが言えます。

 

単純に物流を考えてみても、

一日100個生産できるのに、
一日5個しか出荷できないとしたら、
売り上げは5個になります。

 

これぐらいわかりやすければ、
改善しなければならないところは

誰にでもわかるのですが、

売上が上がらない原因が、
社長の気分で、
いつも月曜日になるとぐったりしていて、
思考が働いていない状態。

 

家庭で、
奥さんに膨大なエネルギーを

吸い取られているとしたら、
そちらのエネルギーの流れを

変えることが必要になったりします。

 

ライフワークを最初に組み立てる時も、
情熱のあることを軸にしていく方が

エネルギーが無限に溢れる状態なので、
それを物質や、
お金の流れに変えていっても
スムーズに流れる

仕組みを作っていけばいいわけです。

 

流れが悪い部分、気持ちが落ち込む部分、
怒りを秘めた部分などは

エネルギーが漏れていたり
詰まっていたりする箇所なので、

要注意です。

 

その時は、上流の流れに

手を加える必要があります。

 

全てをエネルギーの流れとして見ていくと
新たな気づきが出てきます。

 

以上。


神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload