© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

ライフワークとは

20.05.2018

趣味、使命感のある仕事みたいに扱われますが、

『本当の自分のあり方、真実の自分で生きる(その活動)』
という意味で使います。

 

本来の自分で歩く道が、
とても美しい人生になると思っています。

 

では本来の自分とは

どういったものなのか?

 

これは私の想っている事なのですが、

人は、生まれた時に個性があるように、
どんなことをしたいのかを

ある程度決めてきていると思っています。

 

スピリチュアルの世界では、
使命をもってきているように言われますが、

そこまで具体性はなく、
どんな経験や楽しみ方をしたいのかぐらいの、
とても漠然としたものだと思います。

 

この前提は在っても無くてもいいのですが、

生れてから人はこの社会のルールに則った情報を、
ため込んでいきます。

 

どんどん蓄積しながら、
どれが自分にとって

合うのか合わないのかを
判断しています。

 

合わないと分かっていても、
貯め込んだ社会の刷り込みは強く、
『老後のため、会社のため、家族のため、

みんなのためにはこうする方がいいんじゃない??』

的な縛りが出てきます。

 

そのため、

本来の在り方とは合わないことをやるという人が、

とても多いのが世の中です。

 

本来の在り方=ライフワークとは、
自分の個性を、
この世でどのように

実現していくのかだと思います。

 

ライフワークを生きると、
限りなく『無理している』

ということが無くなってきます。

 

無理があるということは、
本来の在り方から

少々ズレているという「サイン」です。

 

もちろん、
全ての無理が消えるわけではありません。


在り方とは抽象的なものなので、
現実とは必ずギャップが出てくきますので。


ですから、
現実を変えるということも一つなのですが、
現実の捉え方を

変えるというのも一つなんです。

 

それには、
生活の場面場面を切り取って
確認することも有効です。

 

今の自分はどうなのか?


どのような生活が理想なのか?


それぞれで見てみると

また新たな発見があります。

 

・どんな活動&仕事
・どんなお金の流れ
・どんな一日の過ごし方
・どんな食生活&健康
・どんなパートナーシップ
・どんな家族
・どんな友人&人間関係
・どんな場に所属しているのか
・どんな持ち物
・どんなところに住んでいるか
・どんな遊び&趣味をしているか

 

これらの視点は、大切ですね。

 

今年の折り返し地点で
一度確認してみるのも良いです。

 

以上。

 


神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload