© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

正しい判断

19.05.2018

正しいという字は、
『一度止まる』と書きます。

 

人は感情的になっている時、
突っ走っている時、
正しい判断が

出来なくなってしまいがちです。

 

正しさというのもまた曖昧なものですが、
自分にとっても相手にとっても
不利益になるようなことを

正しくないとしましょう。

 

なるべくそうしたことを

回避したいものです。

 

回避のためには、
一度立ち止まって見てみる

必要があります。

 

ネットいじめを無くしていくために、
アメリカの14歳の少女が、
考案した方法が話題を呼びました。

 

ネットに書き込む時、
いじめの対象となるワードを感知すると、
『これを送信すると誰かが傷つくことになりますが、
本当に送りますか?』
という注意表示が出ます。

 

感情的になっている自分を、
一度立ち止まらせるのですね。

 

その結果93%もの若者が

送信を取りやめたそうです。

 

たったこれだけでも、
止まらせることが出来ます。

 

止まるためには、
外部からの評価があると、
なお効果的です。

 

自分って分かっているようで、
実は全然わからないんですね。

 

近すぎて、
なかなか客観的に見れないんです。

 

私は、
よくそれを本に例えていうのですが、

本て目の前1センチまで持ってくると、
字が書いてあるのは分かるけど
ボヤけて何が書いてあるかわからない。


適度に離さないと読めませんよね。

 

自分も同じで、
自分って近すぎて、
全体像や文脈などが

見えにくくなります。

 

そして感情的になればなるほど、
どんどん近くなって、
もうさっぱりわからなくなる・・・

 

一度止まる、
そして深呼吸してリラックスすることで
適度に離してみることが出来ます。

 

もっとよく知りたければ、 
適度に信頼のおける人に

状況判断をしてもらうのもおススメです。

 

富豪になるほど、
お抱えのコンサルタントや占い師がいて、
自分だけでなく色々な情報から、
見ています。

 

正しい判断をしたい時ほど、
一度止まるという何かしらの、
自分なりのシステムを

作っておいた方がいいですね。

 

・リラックスのために水を飲む
・瞑想する
・一日判断を伸ばす
・人に聞く

 

時間がない中でも、
自分の感情を止まらせる方法を
持っているとよいかとおもいます。

 

本日は、正しい判断をするためには、
『一度、止まって』

みましょうというお話しでした。

 

以上。

 


神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload