© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

スーパージェネラリストの時代

14.05.2018

今まではどちらかというと

スペシャリストの時代でした。

 

スペシャリストは、

深い専門性を持った人です。

 

一方ジェネラリストは、

幅広い知識を持った人。

 

スペシャリストは、

たての方向を突き詰める人だとすると、

ジェネラリストは、

横方向を広げ統合する力を持っている人です。

 

そして、スーパージェネラリストとは、
その両方を兼ね備えた人です。

 

ひとつ、

スペシャリストといっていい分野を持ちながら、
幅広い知識を持って、
専門分野と「統合」できる人が、
時代に求められています。

 

でもこれって、

なかなかできないんですよね。

 

『考える事が得意な人』がスペシャリスト、
『感性で生きる人』がジェネラリスト
そして、このバランスを持つことが出来る人が
スーパージェネラリストとなります。

 

考えるのが得意な人のように、
深く物事を考え

突き詰めていくことに長けていると、

感性で生きる人のように、
感じるままに行動して、
全く関係性のないところにも
容易に首を突っ込んでいける身軽さは、

相反するものになっていきます。

 

もちろん、逆もしかり。

 

単純に、縦方向と横方向、

両方が大切なんだということを
意識するだけで、大分違います。

 

ただし、
私たちは両方を意識しすぎると、
大分中途半端なスタンスになって、

スペシャリストにも、

ジェネラリストにもなれないんですね。

 

ですからある程度、
「期間」を決めて取り組む方が
効果的だと思っています。

 

『今は、スペシャリストの時期なんだから、
これだけを極めていこう』

 

『今は、ジェネラリストの時期なんだから、
ピンと来たものはとにかく首を突っ込んでみよう』

 

という感じで、

ある程度こなしていくと、
同時に深め、広げ、統合していく感覚が

養われていきます。

 

この下地があることで、
自分だけの場、
ワン&オンリーの世界を

作ることも出来ていきます。

 

自己成長ということにおいて、
縦と横の意識がさらに自分を大きくし、

飛躍させてくれます。

 

以上。

 


神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload