© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

就職は、結婚と同じ

12.05.2018

先日は同年代の女性からの
就職に関する個別セッションでした。

 

もう何回目かの就職なんだけど、
独立したいという気持ちもあって迷っていると。

 

選ぼうとしている選択は、
『生活の心配もあるし、就職しながら、
独立の準備をしたいと思ってるのですけど・・・』
というもの。

 

でも、せっかく一歩を自由に踏み出せるタイミングで、
それはほんともったいないなーと感じました。

 

もしかしたら、

悩んでいる方の参考になるかもしれないので
シェアさせてもらうと、

就職って、
結婚と同じだという話をしました。

 

今選択しようとしていることは、
『私、他にも好きな人がいるんだけど、
一人で生きていくのが不安だから結婚してくれる?』
って言っているのと

同じなんだということです。

 

そして、
『もし好きな人がもっと生活力をましたら、
あなたとは離婚するけどいい?』
って話なんです。

 

それを聞かされる会社さんはどうでしょう?

 

直接聞かされなくても、
そんなエネルギーの人を見て、
会社がそれでもあなたと

結婚したいと言ってくれるでしょうか?

 

就職するなら、
『会社と私の理想の夫婦生活を実現するべく、
私にはこんなことが出来るので、

こんな未来を一緒に描いて進みたいと思います』
とするくらいの想いがないと、
自分自身に対しても

失礼だと思うんですね。

 

新入社員の時は、まだ右も左も分からない
いわば初婚なので、
好きな気持ちと、頑張りますの

意気込みだけでいいとは思うのですが、

もう何回目の結婚なら、
中途半端な想いだと、

また面倒な離婚騒動が勃発します。

 

決断には勇気がいりますが、
決断することで

エネルギーは集中します。

 

最近は、個人も会社側も、
お別れ前提の恋愛感覚な感じが強すぎますけど、
それって悩み続けることにならないかなーと
個人的には首をかしげています。

 

恋愛から、

愛へはなかなか発展しないような・・・

 

恋愛の悩んだり喜んだり、

ワクワクドキドキも楽しいですけど、

ふんわり暖かい安心感のある愛の方が僕は好きだし、

みんなそう生きてほしいな~という想いもあって、
ライフワークを生きるための

個別セッションやセミナー説法をやってる訳です。

 

そこはまたその人それぞれの好き嫌いや

人生のスタンスがありますしね。


どちらにしても、

自分の魂の幸せに根ざした
決断をしてほしいな~と願っています。

 

以上。

 


神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload