© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

意見と批判の違い

10.05.2018

意見と批判について。

 

意見と批判の違いを意識すると、
より深い気付きを

得られることが出来てきます。

 

意見と批判・・・


なんとなく感覚的には分かっていると思いますが、
簡単に整理すると、

・批判は、相手を「否定」することですね。

・意見は、相手の世界を「広げる」ことです。

 

まず、自分が言葉を受け取る側だとした場合、

それを批判と捉えるのか、
意見と捉えるのかで、
まるでその後の行動が変わります。

 

上司に「お前のやり方は間違っている!」

と言われた時に、
それを自分を否定されて、
批判されているとして捉えると、
「うるせ~」と怒りがでたり、

ネガティブな感情になったりします。

 

意見として捉えると、
「もっとスムーズに出来るのか?」と、
自分を成長させる材料探しに使えます。

 

これは、

お互いの日頃のコミュニケーションにもよりますが、
まずは意見として捉えてみる方が、
より気付きを促してくれます。

 

今度は、
自分が発する方になった時にもやはり、
批判ではなく、
意見を発するように

気にしていきたいところです。

 

批判が出る時、
またはそう受け取る時には、
何かしらのブロックや、
自我が働いています。

 

嫉妬、
ねたみであったり、
自分へのとばっちりの恐れ、
自分の方が否定されるという恐怖・・・

 

そんな潜在意識が根っこにあって、
批判、否定をしてしまいます。

 

一緒に成長しよう~

というような感覚からの、
もっと「相手の成長を願うための言葉」であったら、
意見として相手も

受け取ってくれるとことでしょう。

 

親の小言のように「うるさいな~」と思う時も、
多々ありますが、
それが自分をどうよくするのか?


という視点と共に、

分からなければ、
相手に聞いて
意見を交わしあう場面も

必要かと思います。

 

意見と批判、意識してみると
本当に、

色々気づかせてくれます。

 

以上。

 


神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload