© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

ナチュラルに出来る人

09.05.2018

皆様の周りにも、

ナチュラルに出来てしまう人っていませんか?

 

それを才能とも言いますね。

 

才能は、

個性と活動がマッチしてくるほどに
活かされていきます。

 

運よく個性に見合った活動に

早く出会えれば、
ナチュラルに出来てしまうのですが、

人間、なかなかそんな風には

行きませんね。

 

出来ないことを

ナチュラルに出来るようにするには
どうしていけばいいのかの

ステップを書いていきます。

 

ナチュラルに出来るというのは、
無意識に出来てしまうということです。

 

ここにも顕在意識と

潜在意識の関係が出てきます。

 

まず出来ないということは、
無意識では出来ないということです。

 

ナチュラルに出来るようになるには

以下のステップになります。


ステップ① 出来ないことに気付く (顕在化)

ステップ② 出来るように意識していく(訓練)

ステップ③ 出来る事を無意識化する(習慣化)

 

これで、何も考えずに歯磨き出来るように
ナチュラルな『普通のこと』

にしていくことが出来ます。


例えば、イチローは

たまたま野球に個性が

マッチしていたと言えます。


性格(内的要因)と体格(外的要因)が

個性のもとになります。

 

小学生の頃には、
周りの子よりも段違いに

ナチュラルに出来るセンスがあったことでしょう。

 

それでも、
出来ないことに気付き①、
自分で訓練を重ね②、
習慣化し③、
無意識に出来るようになる・・・

 

ということを繰り返してきたからこそ、
超一流になる事が出来てきたのでしょう。

 

実際、イチローの小学校の卒業文集では、
365日中、360日激しい練習をし、

友達と遊べる時間は

週に5時間だと書いていました。

 

ナチュラルに出来るように

増やしていくことも出来るし、
そのような意識が必要だと思います。

 

訓練とか書くと、

めんどくさく感じるのですが、
その前提には『好きだから』

があってこそだと思います。

 

自分にとって好きなことだから、、


あの人が好きだから、、

 

好きだから、

意欲的に取り組めます。

 

以上。

 


神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload