© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

嫉妬心が教えてくれる大切なこと

20.04.2018

皆様、日常の中で、
嫉妬することってあると思います。

 

今回は、
恋愛的な束縛からの

嫉妬ということではなく、
人生を進めるにあたって

感じる嫉妬についてです。

 

輝いて見える人を見て
『あ~いいな~』と感じたり、

自分よりレベルが上だと感じる人を見て
『あ~羨ましいな~』と

感じたりすることってありませんか?

 

『そんな風に人と比べてちゃだめだ!
自分は自分なんだから』
と自分に言い聞かせることって
誰にでもあるのではないでしょうか。

 

そんな時に、

思い出してほしいことがあります。

 

自分が感じている嫉妬心は、

『自分もそうなれるんだ』と

無意識で想っているからこそ
芽生えているものだということです。

 

その人は、

自分の可能性を

見せてくれている人なんです。

 

例えば、

サッカーに興味があっても

自分ではやらない人は、
本田圭佑の無回転シュートの

ゴールシーンを見ても、

嫉妬しないでしょう。

 

でも、

本気でJリーガーを目指す、

もしくはすでに選手の人は嫉妬すると思います。

 

もしくは、

世界で活躍したいと思っている

人は嫉妬するでしょう。

 

自分もあんな存在になりたい・・・


それは自分の未来の姿を体現しているからこそ、
嫉妬心が出るのですね。

 

そうのように嫉妬心を捉えていくと、
『あ~あいつ超目障りだ~』ではなくて、
『自分もあんな風になれるし、
なろうと思っているということを

身を持って教えてくれる人なんだ。』
と少し感謝が芽生えます。

 

自分の潜在意識には、
自分の本当の想いが眠っています。

 

その一端がそうした感情と共に出てきます。

 

今度、嫉妬心が出てきたら

そんな風に捉えてみて下さい。

 

「その人のどこに自分の可能性を見ているのか」
を見れば、
新たな気づきが出てきます。

 

以上。

 


神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload