© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

ヒーリングの本質は、シータ波。

14.04.2018

ヒーリングというと、色々なジャンルがありますが、

心のヒーリング、 
いわゆるインナーチャイルドを癒すとか、
ブロックを外すとかのヒーリングについて
書きます。

 

キーワードは『シータ波』です。 

 

シータ波とは脳波のある一定の周波数領域で、
 
一般的には、
起きているときは、β波(ベータ波)、

リラックス状態は、α波(アルファ波)、

夢を見る浅い眠りの状態が、
Θ波(シータ波)、

深い眠りは、Δ波(デルタ波)
です。

 

シータ波はこのように夢を見る状態ですので、
常識的なことや、理性的なことが

動いている顕在意識の壁を抜けて、
潜在意識にある想いを出しやすくなります。

 

心理学者のフロイトは

夢分析をやっていましたが、
夢は潜在意識の想いを

投影していると考えていました。

 

シータ波領域で出てくる想いは、
かなり自分の本音、

本質の声だということですね。

 

世の中には様々なヒーリング技法がありますが、
基本は、このシータ波にするための

テクニックが色々あるという感じです。

 

ネイティブアメリカンのシャーマン(メディスンマン)が
ヒーリングをする時の

脳波を計った研究があります。

 

このシャーマンがヒーリングをしている時は、
深い眠りであるデルタ波が出ているそうです。


そして、クライアント様は

シータ波の状態だったそうです。

 

訓練すれば、起きながらにして

デルタ波の状態になるのだそうです。

 

シャーマンは、ドラッグ的な薬草を使って、

変性意識にもっていったりするので、
一般人には難しいかもしれませんが、

深い状態に入れば入るほど、
クライアント様とも同調して

深いところまで入れます。

 

瞑想は、シータ波の状態への

訓練としても有効ですね。

 

私自身は、

個別セッションの場面でも

使うことがあります。

 

クライアント様の想いを整理したい時は、
私がその場でシータ波になるように意識するだけで、
相手も同調してくれます。

 

ですから、

時間帯も午後イチとかで、
少し眠気がある時なんかに

わざとしたりしています。

 

シータ波状態になると、
イメージ的には、

『情報空間』が共有されるので、
相手の心が伝わりやすくなります。


いわゆるリーディングが出来ます。

 

人生を考える時など、
本当の気持ちや想いを知りたい時にも、
シータ波はキーワードに感じます。

 

『シータ波を制するものは、ヒーリングを制する』

 

以上。

 


神鷹の説法でした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload