© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

引き寄せの書き方は、完了系

11.04.2018

引き寄せるには「完了系で書きましょう。」
また、「神社で祈りましょう。」

それは一体どういうことなのか?


そこに隠れた本質を今日は暴露します。

 

例えば、
なんでもいいのですが
「エルメスのバーキンが欲しい」
という願いを持ったとしましょう。

 

よく引き寄せの法則などで

「完了形」にしなさいと言うのは、

潜在意識は、
時間軸がないため
「エルメスのバーキンが欲しい」
という現象を

常に引き寄せてしまうからです。

 

「欲しい」状態は、
「無い状態」でないと成立しません。

 

ですから、

いつまでたっても欲しい状態から

抜け出せないのですね。

 

それを防ぐために、

完了形で書く、祈るわけですが、

完了形というのは、
「バーキンが手に入りました。ありがとうございます。」

というように書く祈るということです。

 

潜在意識は、

そのように動くので引き寄せられてくる。

 

というロジックです。

 

では、
今回はもう一歩

踏み込んでいきたいと思います。

 

実は思いこみの激しい人には
とても有効で、
そうでない方は、

また違った観点から有効にします。

 

完了形で
「バーキンが手に入りました。」

と言っていても実際にはないわけです。

 

で、言ってみたはいいものの、
本心が「でも、無いよね・・・」

って思ってたら、

欲しい・・

という想いよりももっと根深い、
「無いよね」という、

無い現実を作り続けるんです。

 

この『完了形』で必要なのは、

潜在意識にも浸透するくらいの
「臨場感」なんです。

 

これは、現実にはなくても
思い込みだけで「臨場感」さえ

高まればOKなんです。

 

本当に手に入れたかのように、

思いこめる人ほど有効に働きます。

 

「あれ?私のバーキンがないの?

あなた、隠したでしょ??」


「お前、頭大丈夫か??」


ぐらい行けたらかなりの引き寄せ力。


っていうか、

もう自分の中には

もう存在していることになります。

 

また、
普通は理性が働くので、

難しいと感じる。


だから、なかなか

引き寄せが働かないという想いがあり
完了形で書いても、
「でも、無いよね」

という臨場感を高めてしまう方は、
そう思うのではなく、
別の観点から、
「一歩一歩近づいて行っている」

という臨場感を高めるように有効にします。

 

もちろんそれに向けた行動が出来ていれば、
実際に起こっている事は

臨場感がMAXに高いので、
必ず引き寄せます。

 

『魔法のように使いたい方』は、

妄想力を高めていき、
『現実的に使いたい方』は、

臨場感を高める行動をする。

 

もちろん、
『神様への祈り』
『毎朝毎晩、真言含め読み上げ

自分の潜在意識に訴えかける』のは、
超裏技なので、
先に挙げた上記のコラムは捕捉であり、
今まで通り+αで

考えて頂ければと思います。

 

以上。

 


神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload