© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

神様っているんですか?

08.04.2018

それは、科学や論理では説明のつかないものです。

 

例えば、『愛』とか、『魂』とか、
もっといえば『幸せという感覚』すら

しっかりと説明がつかないですよね。


もちろん脳科学でドーパミンが出る時とか、
それっぽいことを言うことはできますが。

 

同じことをやっていても、必ずしも、
みんな同じ幸福感を

得ているわけではありません。

 

それを探求するには、
スピリチュアルの世界で、
特に色々語っていますし、
実際、研究もあります。

 

しかし、この答えだけで

セミナーをやりたいくらい

深いことなので、
本日は、1点に絞って

お伝えしようかと思います。

 

『神様、または神様的な領域は確実に存在する。』


というのが、私の答えです。

 

よく、私は、
神社で神様のメッセージを貰う

ということをやっております。

 

実は参拝時には必ずやります。


心の中で会話しています。

 

これはどういうことかというと、
簡単に言うと、

無意識領域にアクセス

しているということです。

 

心理学者のユングは

人の心理段階を3層に分けて解説しました。


・顕在意識 ・・・通常の意識
・潜在意識 ・・・意識に上らないが働いている領域
・集合的無意識 ・・・全てが繋がった領域

 

神様のメッセージはこの

集合的無意識へのアクセスだと
感覚的に確実に感じます。

 

そこに、神様の存在を持ってくると
見たいという人には、

本当に見えてきます。

 

これは、いわゆる、

インターネットのようなものです。

 

自分という端末を通して、

情報が集合しているたまり場に

アクセスしているようなものですね。

 

また集合的無意識については
長くなるので、後日書きます。

 

例えば、神様を信じられない人でも、
『この世を作ったものはいるのか?』

という意味での神様は、
神秘的なワクワク感を持って、

『いるかも』と思ってますね。

 

面白いと思いますので、
最後に質問させてもらいます。

 

もしあなたが、

この世を作った存在はいない

と思っているのでしたら、

お聞きしますが、、、

 

『あなたの今見ている、
PCでもスマホでも、
これを作った人はいません、
勝手に立ち現われてきたものです。』


と言われたらどうでしょうか?

 

『んな、ばかなー』と感じるかと思います。

 

でも、
『この宇宙は、ある時爆発して

勝手に立ち現われてきたものです。』

と言われたら、、、

 

PCよりも超複雑なバランスで動いている、

この世界が勝手に出来たものなのか?


はたまた、誰かが作ったものなのか?

 

作ったものがいるとしたら、

それは確実に神秘的だし、

神様でしょう。


いないとしたら、
どんな『奇跡』を毎瞬、

私たちは見ているのかと思いますよね。

 

以上。

 


神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload