© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

行動

07.04.2018

よく、クライアント様から、
『なかなか行動できない・・』
という話を聞きます。

 

この理由はいろいろあるのですが、
今日取り上げたいのは

『安全領域』です。

 

ここを認識することで、

行動できない自分を責めたりなどが、
かなり軽くなり、

「行動」出来ます。

 

人生を生きていくにあたっても、
うまくいくんだろうか?


クレームが来るんじゃないか?
と不安になる事があります。

 

というか、絶対に気になります。

 

そのため、自分が安全だと感じるまで
なかなか動けないんですね。


ありがちです。

 

基本的に人間が行動しているときは、
『エイ!』と飛躍しています。

 

例えば、家を出て

街を歩くことへの抵抗は、

ないと思います。

 

でも、可能性としたら、

車にひかれるかもしれないし、
モノが上から落ちてくるかもしれない・・・。

 

そんなこと考えてたら、

何もできなくなりますよね。

 

ですから、
人間の脳は一度通った道における

可能性の低い危険なことはスルーします。

 

ほとんど意識に上がりません。

 

これは、無意識的に、
『この前大丈夫だったから、今日も大丈夫』
という、
何の根拠もない飛躍をしています。

 

『この道は、昨日通った道と違うけど、

似てるから大丈夫』
って飛躍もあるでしょう。

 

でも初めての道で、薄暗かったら、、、


他の道と大分雰囲気が違っていたら、、


かなり神経を使うはずです。

 

この例で何が言いたいのかというと、
人生でなかなか行動できないという時は、
かなり自分にとって未知の領域に

踏み出そうとしているということなんです。

 

ですから、躊躇が出てきます。


無意識にブレーキを掛けてしまいます。


これを、潜在意識の

現状メカニズムと言います。

 

そんな時は、

ちょっと出来そうなところから、
『エイ!』
と飛んでみるしかないんですね。

 

論理的に考えてても、

もう答えは出ないところまで

来ているということです。

 

川の向うまで続く飛び石のように、
「一歩ずつ」飛んでいったら、
いつの間にか向う岸に

ついているということが起こります。

 

『エイ!』
の心意気は、
どこかで必ず必要になります。


その時が来たら、
声に出して必ず

一歩跳んでみましょう!

 

これが、「行動」です。

 

以上。

 


神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload