© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

3:10:60:27の法則

01.04.2018

これは、

ハーバード大学が調査して実証した『法則』です。


人の人生はこのように分かれます。
 
27%の人が、

何も知らず、自分からは何もせずに生きている人
60%の人が、

知っているけど、行動しない人
10%の人は、

知ったことを、出来るようになった成功者
そして3%の人は、

無意識に出来てしまう大成功者です。
 
この27%と60%を足した

87%の人達がサービスを受ける側の人、
13%の成功者が提供する側の人です。

 

もっとキツイ言い方をすれば、

87%の仕掛けられる側と

13%の仕掛ける側に分かれています。
 
「これが現実」です。
 
ハーバード大学の調査によると、
ここには

明らかにマインドの差がありました。
 
27%の

『知らない何もしない』人のマインドは、
人をあてにしたり、運命論者のように、

なんとなく過ごすだけ。

 

生活保護をあてにする人も多くいました。
 
60%の

『知ってるけど、やらない』人のマインドは
夢や希望を持っているけど、

そこへの道筋をしっかり定めないでいる人。


変化を恐れて今に留まる人たちです。
 
10%の

『知ったことを、実践して、出来るようになった』

人のマインドは、
3年~5年くらいの未来を

しっかり考えられた人たちです。
 
そして3%の

『無意識で出来てしまう』

成功者たちのマインドは
人生の目標に使命感あって、

それに向かって進んでいた人たちです。
 
別の定義をすると、
 
27%の人達は、Take & Take
(常に人から価値をもらおうとする)

 

60%の人達は、Take & Give
(価値を与えられたら返す)

 

10%の人達は、Give & Take 
(人に価値を与え見返りを得る)

 

3%の人達は、 Give & Give
 (人に価値を与え続ける)
 

もしくは、、


27%の人 ・・・ 三流の人
60%の人 ・・・ 二流の人
10%の人 ・・・ 一流の人
3%の人 ・・・ 超一流の人
 
あなたは、

どの層に属していると思いますか?


そしてこれを知ってどう感じますか?
 
何もしないでいる60%か
何かをする10%になるのかは、

本当に紙一重です。


 
全ては、行動です。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload