© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

自分のことが好きになれない

29.03.2018

「自分のことが嫌いだ」「自分のことを責めてしまう」
という人がいます。


このような人は、

日常会話の中で、「でも」や「だって」
という、

否定的な言葉を

言っていることが多いようです。


また、

自分がされて嫌なことをしていると、
自分が嫌いになる場合もあります。 

 

例えば、

友人と約束をしていたけれど、
当日に別の用事が入って

キャンセルしたとしましょう。

 

友人は笑顔で

許してくれるかもしれません。

 

しかし、約束をキャンセルした

『私』の胸は痛んでいます。


否定的な言葉を言い続けたり、
不誠実な行動をを繰り返すうちに、
無意識の中で

少しずつ自分を嫌いになるようです。

 

「用事が入った」と言って

私の説法を

キャンセルするクライアント様が

ごく稀にいますが、
実は、「用事が入る」

ということはありません。


用事が入ったのではなく、
自分が(我)

「用事を入れてしまった」のです。


用事を入れたということは、
先にした約束よりも、
後に来た

「用事」のほうが大事だと判断し、
優先したということ。


自己中心的な自分自身に、
無意識に

自己嫌悪が膨らみます。

 

世の中に、「大事なもの」

「大事でないもの」はありません。


全ての出来事は

同じ重さですから、自分で選り分けずに、
先に来たものを優先していく。


小さな自己嫌悪も、
積もり積もれば山のように

大きな自己嫌悪となって、心の中にたまっていきます。


そうして自分のことが

好きになれなくなるようです。

 

日常生活では、
自分がされてうれしいことを、

周りに投げかけていく。


当り前のことですが、

約束をきちんと守り、会話の中では、
「そうですね」
という肯定的な言葉を投げかける。


こうして自分の中に

「好きな自分」
を積み重ねていきます。

 

自分を好きになる方法が

もう一つあります。

 

それは、人から評価されないようなこと、
一銭にもならないことを

淡々とやっいくこと。


例えばトイレ掃除、

ごみ拾い、会社に花を飾る

(この場合は、自分のお金で買います)、

『三誉め』を大事にしいくなど。


人から評価されるために

やるのではないので、
「出来るだけ人に

見られずにやること」が重要です。

 

自分が嫌いな人や

自分自身を責める人は、

ウツになりやすいようです。


自己嫌悪を

無意識にため込んでいる人は、
自分を好きになるには

時間がかかるかもしれませんが、
これまでの人生でため込んできたものを、

少しずつ手放してみてはどうでしょう、
いつの間にか、

自分がとても愛しくなり、
毎日がとても

楽しく生きられるようになりますよ。

 

以上。

 


神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload