© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

感謝とは

29.03.2018

本日、私が強く伝えたい最後のテーマは、

「感謝」です。  
  
私がなぜ、

説法会や勉強会を開催するのか?

 

説法会でお渡しする真言や勉強会は
一体なんのために存在するのか?

 

それを一言に集約すると

「感謝」というものを
「全身全霊」で

学んでいきたいからです。

 

私がお伝えする全ての話の

根幹にあるのが感謝です。

 

本当の感謝とは?

 

感謝の意味とは?

 

「感謝」という人生における重要な言葉を

深く理解すれば、さらに大きく

宿命を変えて人生を豊かに導きます。


「感謝の定義」

光の言葉もすべて「感謝」です。

 

器が大きく、人間力の高い

”本物の成功者”と呼ばれる方に共通するのは、
感謝の概念を深く理解して、

「丁寧」に使っていることです。

 

つまり、器の大きな成功者は、
「感謝」というモノに対する

向き合い方が圧倒的に重いです。

 

そして、仮に、

言葉として表現出来なかったとしても
「感謝」という意味をしっかり理解した上で

行動しています。

 

だから、お金にも人にも恵まれ、

豊かな人生を送ることが出来るのでしょう。

 

「それでは、本当の”感謝”とは?」

 

「感謝」を一言で表現するならば、

「自分に矢印(ベクトル)を向け続けた時に、

自然に湧いて出てくるモノ」

 

分かりやすく言いますと、
「自分の人生で起きるすべての物事は、必然で、
全て自分に責任があるということを理解し、
その全てを引き受ける覚悟を持つこと。」

 

つまり、そのメンタリティは、
「自分が変われば全ての世界が

変わるのだと信じることであり、
そこから始めて「真の感謝」が湧いてきます。」

 

また、別の角度からご説明すると、
説法会や真言勉強会でよく言う
「3Aの法則」です。

 

「あせらない」

 

「あきらめない」

 

「あてにしない」

 

これに、願い事がさらに叶うように

書く際と同様に「私」を主語にします。

 

「私は、あせらない」

 

「私を、あきらめない」

 

「私以外を、あてにしない」

 

この私を主語にした、

3Aの法則を、実践し続けると行き着き、
そして気付くのも「感謝」です。

 

「自分が変われば、世界が変わる」

 

心からそう思えるようになる

きっかけとなります。

 

総じて「本当の感謝」とは、

「自分が変われば世界が変わると

信じれる瞬間に

自然に湧いて出てくるモノ」です。

 

「自分の人生に、偶然はなく必然しかないと

自分自身に責任を持った時」に、
「人生で起こる良いも悪いも

すべての原因は自分にあり、
それを全てを受け入れ、

乗り越える覚悟を持った時」に、
本当の「感謝」が自然と内から

湧いて出てきます。

 

つまり、

自分の人生には偶然はなく全て必然と捉え、

責任と覚悟を持つこと。

 

ベクトルを常に自分に向けること。

 

そこから、生まれる【感謝】の言葉には、
多くの富、人、幸福を引き寄せる力が宿ります。

 

それが本物の感謝の定義です。

 

以上。

感謝についてでした。

 

だからこそ、
「自分が変われば、世界は変わるんです」

 

だからこそ、
自分自身の人生を受動的ではなく、

主体的に生きるんです!

 

ポジティブを義務にしている

自己啓発病ではないと言うことです。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload