© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

人を変えるよりも、自分が愛のある言葉を言っているかに目を向ける

29.03.2018

母親と妻の仲が悪くて

悩んでいる男性がいました。


男性がいくら悩んでも、

母親と妻の仲が

良くなることはありません。

 

けれど、

このままの状態では

みんなが不幸になると思ったら、

できることはあります。


一緒に暮らしているなら別居する、

別居しているなら、

行き来をなくすなどです。


会う機会を少なくして

お互い幸せな時間を多くすることです。

 

でも、その男性が、

問題に対処できるのはそこまでです。


その先の母親と妻の気持ちを

変えることは絶対できません。


気持ちは、

本人が変えようと思ったときしか、

絶対に変わりません。


人の心は絶対に変えられないのです。

 

例えば、

アルコール依存性の人がいます。


周囲がいくら言っても、

お酒を飲むことを止めようとしません。

 

家族は心配ですよね。


何度も何度も注意しても聞かない。


家族も苦しくなります。


相手が自分の思い通りにならないと

苦しくなりますよね。

 

けれど、この世でなんとかなるのは、

ただ一つ、自分自身このことだけです。


それなのに、ついつい、人に

「こうしてくれたらいいのに」

「どうしてやってくれないの」

と思いがちです。

 

世の中には、ゴリラ部長もサル課長もいて、
自分なら「当然やるべき」と思っていることも、

「こんなことは後回しでいい」

と思っている人もいます。


本当はいろいろな人がいて、

自分とは違うのです。

 

人生は自分の魂を成長させる

修行の場所です。


だから、自分の思うようにいかないことや、

「これのどこが?」と思うような出来事も、

自分の魂を成長させるために

みんな必要な出来事なんです。

 

だから、どんな状況でも、

愛のある言葉を言って、

幸せな方へいかなくてはいけません。


神様からの

「あなたはいつでも愛のある言葉を言ってますか?」

という試験なのです。

 

例えば、

仲の悪い嫁姑が別居することになって、旦那様が
「ケンカばっかりしてるんだから、

別々に暮らすよりしようがないだろ!」

なんて言ったとしたら、
さらに、お母さんや奥さんは
「向こうがこう言った」
「こんなことをやった」
とエスカレートして、

どんどん泥沼にはまっちゃうことって

ありますよね。


みんなでさらに

不幸せになってしまいます。


それが、旦那様が愛のある言葉で
「お母さんも幸せになってほしい。

妻も幸せになってほしい。

それが僕の幸せなんだ」と言えば、

必ず、道が開けてくるはずですよ。

 

上記は、実例を挙げたまでで、

旦那様と奥様が入れ替わっても

もちろん同じです。

 

誰かと言い争って、

言い負かしても得になることは

一つもありません。


イヤな人だと思われて、

恨まれるか嫌われるだけです。


さらに、

それでも相手は決して自分の考えを

絶対に変えることはないです。

 

それよりも、

相手をどうにしか変えようという自分を一切捨てて、

愛のある言葉で自分の気持ちを

相手にどうしたら伝えることができるのか考えましょう。

 

頭を使って、

自分の周りの人も幸せになることを

考えた方がいいですよね。

 

変えられるのは自分だけ。


だから、幸せに向かって、

どんどん自分を変えてくださいね。

 

以上。

 


神鷹の秘密の一つ、

「人を変えるよりも、自分が愛のある言葉を言っているかに目を向ける」でした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload