© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

ほめ返す

29.03.2018

世の中には良い人もいれば、

チョット変わった人もいます。


友達が出世したら、
「おめでとう。あなたならできると思っていたわ」
と言えばいいのに、
「あの人ね、昔、オネショばかりしてたよ」なんて、

言わなくてもいいことを言う人もいます。

 

知り合いから

「○○さんがあなたの悪口を言っていたよ」
と言われたら、こう言えばいいんです。


「あの人はそんなことを言う人じゃないですよ。

私は、あの人のことが大好きです。

何かの勘違いか、冗談で言ったんでしょ」


と、ガンとして

悪口を言ったことを認めないんです。

 

そうすると、周りの人が

「あなたって、偉いね」と言ってくれます。


そのうち、悪口を言った人に

「あなたのことをほめてたよ」と伝わると、
「え?私のことをほめてくれたの?」と、
ビックリします。


すると、

そのときに奇跡が起こるんです。


初めて、その人が変わるんです。

 

悪口を言われたからといって、

悪口を言い返してはダメなんです。


そんなことをしたら、

悪口を言った人と

同じレベルになってしまいます。


「あの人、昔、オネショしてたんだから」


と悪口を言い返したら、

その人があなたの悪口を言うのをやめますか?


やめないんです。


人間は、自分 のことを「善」にとられて、

初めて行動が変わるんです。


そういう生き物なんです。

 

もし、あなたが

会社を辞めて独立するとしましょう。


きっとみんなに

「会社を辞めないほうがいいよ」とか
「商売は大変だから、 やめたほうがいいよ」

と必ず言われます。


そのときには笑顔でこう言うんです。


「私のことを心配してくださって、

ありがとうごさいます!
でも私のことを思ってくださるのなら、
「あなたなら、きっとうまくいくよ」

と言って送り出してください!」


と笑顔で言うんですよ.

 

誰でも、幸せの道に向かいだしたら、
必ず何か言う人が出てきたり、
何か必ず起きるんです。


それが神さまの試験です。


そのときに

最高にステキな言葉を言うんですよ。


周りの人が気持ちよくなる言葉、

喜ぶ言葉。

 

天の神様が○ (まる)をくれる言葉。

 

もちろん、

みんなが反対してケンカ別れ

みたいになることもあるでしょう。


それでも、

がんばって成功したとしましょう。


そのときに一番いけないのは、
「あなたたちが反対したけど、

成功したじゃない」と言うこと。


そうではなくて、

どんなに反対されたとしても、
「私が成功したのは、

みんなが私を信じて送り出してくれたからよ」
と「善」に変えて言うんですよ。

 

昔、言ったことなんて、

みんな忘れているんです。


言われた方は覚えています。


もし、そのことで傷ついたとしても、
いつまでも

引きずってはダメなんですよ。


その人に会ったとき、
「「あなたならできるよ」

と送り出してくれたことを、
今でもありがたく思っています」
と笑顔で言うと、
相手は「そんなことを言ったかもしれないな」

と思うんです。


そんなもんです。

 

でも、そう言えたときに初めて、

自分の心の傷も消えるんです。


思い出すたびにイヤな気持ちになるのって、

とっくに過ぎ去ったことのために、
自分の「今」の気持ちを

不幸に使っていますよね。


自分の心と体は一秒も

不幸になるために

使ってはいけないんです。


だから、

大切なのは過去に起きたイヤなことも、

自分にウソをついてでも

変えてしまえばいいんです。

 

昔のイヤなことなんてオセロと一緒です。


黒いコマを自分の心で

クルックルッと白にひくり返して、

みんな良いことに変えるんです。

 

例えば、子どもの頃、

親に全然かわいがられなかったとか、

親子の関係で悩んでいる人いますよね。


そんな人も過去を変えてしまえばいいんです。


たとえ全然

かわいがってもらえなかったとしても、
「お父さんとお母さんが

かわいがってくれたから、今の私があるのよ」
と言えばいいんです。


今まで生きてきたということは

親がご飯を食べさせてくれたからなんです。


ミルクもくれた、オシメも替えてくれた。


お金持ちじゃないのに、

学校にも行かせてくれた。


だから、今があるんです。

 

子どもを放ったらかしにしていた親には
「私のことを自由にさせてくれてありがとう。

信じてくれたお母さんがいたおかげよ」

と黒を白にクルッと変えればいいんです。

 

それをありがたくないことばかり覚えていて、
「ああした」「こうした」と口に出して言っても、
自分も不幸せ、周りも不幸せなんです。


だから、過去から変えるんです。


過去を変えると、過去だけではなく今の自分まで、

自分の人生全部が幸せになるんです。

 

この世は、
自分が主役のドラマなんです。


だから、

その中に悪人を作ってはいけないんです。


「私の父は飲んだくれで」ではなくて、
「本当はもっと飲みたかったのに、

私たちのために、一生懸命働いて、学校に行かせてくれた」


「きっと朝から飲みたかったのに、

私たちのために、会社に行ってお給料を稼いできてくれた」とか、
過去を変えて、全部いいことに変えるんです。

 

自分のドラマの出演者は、

みんな良い人に過去から変えるんです。


人生とはキャンドルサービスと同じなんです。


自分の周りの人に灯をつけてあげればあげるほど、

自分の人生も明るくなるんです。


やってみてください。


自分の人生が全て輝きますよ。

 

以上。

 


神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload