© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

どうしてもイライラしてしまいます

29.03.2018

本当の感謝というのは、
何事もない、
普通のことが「有り難い」

と思えることです。

 

手足が動く事、
目が見えること、
食事ができること、
呼吸ができること、
いつも当り前だと思っていることは、
実は「あたりまえ」

のことではありません。


そのことに気がつくと、
すべてに

感謝できるようになります。

 

自分の思い通りにいかないと言って苛立ち、

周りの人を怒鳴ってばかりいると、
誰一人として

味方になってくれないでしょう。


本人は思うようにいかないから

苛立っていると思っても、
神様の目から見ると苛立っているから、
うまくいかない。

 

周りの人は、
全て自分を支えてくれる存在であり、
怒鳴る存在ではありません。


怒鳴っているのは、

ただ自分より弱い立場の人に

当たっているだけではないでしょうか。

 

怒るのは、相手を見下しているのです。

 

あなたを支えて下さる存在は、
常に「下支え」をして下さっているのです。

 

決して、あなたを

上から押さえ込んでいるわけではありません。

 

そういう存在こそが、
本当に大切な人ではないでしょうか。


そのような人を大事にしないと、
ありとあらゆるものを

味方につけることはできません。


まして神様が

味方につくことはないですよ。

 

追伸、
「有り難う」の反対は、

「あたりまえ」です。

 

以上。

 


神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload