© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

ありがとう

29.03.2018

「ありがとう」という言葉は

色んなランキングで1位に選ばれています。


来世に残したい

言葉ランキング 1位


相手に求めている

言葉ランキング 1位


自己肯定感を育む

言葉ランキング 1位


子供が大人からいわれてうれしい

言葉ランキング 1位


「ありがとう」の5文字には、

とても魅力的で

強いパワーが秘められています。

 

「ありがとう」の語源は、

仏教に由来します。


お釈迦様が説かれた

「盲亀浮木(もうきふぼく)の譬え」に

「ありがとう」の語源があります。

 

「有り難い」とは

「有ることが難しい」ということで、

めったにないことをいいます。


人間に生まれることが

どれほど難しいか。


人間に生まれることは、

それほど喜ばねばならないことだと、

お釈迦様は教えたとされているのです。


これが「ありがとう」の語源です。

 

「ありがとう」の反対語は何か。


答えの1つが「あたりまえ」です。

 

「あたりまえ」という心から

「ありがとう」の感謝は生まれませんね。


出てくるのは不平不満ばかり。


これでは幸せも逃げていってしまいます。

 

なぜ生まれ難い人間に

生まれたことを喜べないのか。


それは「人生の目的」を知らないからだ、

と仏教で教えられます。


何のために生まれてきたのか。


何のために生きているのか。


なぜ苦しくても生きねばならないのか。


この人生の根本問題に

真正面から答えたのが仏教なのです。

 

人身とは人間のこと、

今生とは、生きている時、現在のことです。

 

「人身受け難し、今すでに受く」とは、

「生まれ難い人間に生まれることができてよかった」

「よくぞ人間に生まれたものぞ」

という生命の大歓喜です。


人間に生まれることが、

いかに有り難く、喜ばねばならぬことか。


そう、お釈迦様は教えています。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload