© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

04.02.2020

世に出ている人、

世に名前が売れている人、

実績を残している人、

 

色々いますが、 

そのほとんどがそうなった要素は、

「たまたま」だと知った方がいいです。

だから、

いつまでも、

過去の実績にこだわって、

過去にうまくいったから、

過去に認められたからと、

そのスタイルにこだわり続けても、

うまくいかないし、いかなくなる。

なぜなら、

最初の成功は、

「たまたま」だったのだから。

たまたま、実力者と知り合った

たまたま、時代がマッチした

たまたま、そういうタイミングだった

たまたま、才能があった

たまたま、いい人に恵まれた

たまたま、そもそもお金持ちだった

たまたま、売れた...

03.02.2020

自分の人生において、

問題を解決したい、

認められたい、

成長したい、

変わりたい、

いまよりもっとよくなりたい、

もっと良い結果を手に入れたい、

と願うのは、

当たり前のことだと思います。

 

私もそう思ってきたし、

多分これからもその思いが消えることはないでしょう。

そして、そのために、

努力し、

願張り、

学び、

考えて、

生きてきました。

 

でも、

ずっと抜け出せなかった。

 

ずっと同じ輪の中で、

ぐるぐる回っていました。

 

で、あるときから、

その輪を抜け出しました。

 

そしたら、

抜け出すコツがわかったので、

そのコツを

毎日コツコツとコラムに書いているわけですが。

 

そのコ...

02.02.2020

人に迷惑をかけないように、

嫌われないように、

不快にさせないように、

礼儀やマナーをちゃんすることや、

いつも笑顔で!

マイナスな事は言わない!

そんなことばかりを考えて生きてる人は、

ずっと周りと自分を見張っています。

粗相しないか、

迷惑かけてないか、

怒らせてないか、

ひとを不快にさせてないか、

嫌われないか、

ちゃんと守れてるか、

後ろ指さされないか、

親に恥かかせてないか、

自分がそうしないか、

自分の子供がそうしてないか、

自分のパートナーがそうしてないか、

親や同僚や部下やみんな、

「そんなことしたら大変なことになる」と

自分の恐怖を押し売りします。

見張るこ...

02.02.2020

「誰かのために」という人生ばかり送って自分を置いてけぼりにしていた人が、

 

やがて「自分のために」生きることを覚えて、

自分を幸せにし、

人の優しさという「他力」を知っていけば、

やがて、

新しい「誰かのために」という道へと続いていくことになります。

 

「自己犠牲利他」→「自利」

「他力」→「利他」

 

「自分のことだけ」

「好きなことやろう」と言ってるのは、

いちばん上の人たちの多くが悩み苦しんでるからこその、

その人たちに向けての言葉なのです。

もう少しお話しすると、

自分が楽しく生きて満たされてる人が、

「誰かのために!」って言ったのを、

自己評価が低くて自...

01.02.2020

この仕事してると、

パニック障害のひとに沢山お会いします。

人混みとか電車とか飛行機とか。

私も海の上とか狭いところとか、

トイレの無いところに長時間置くと、

少しですが気持ちが分かります。

そして、もちろん、

いろんな例外はあるのですが、

誤解を承知で言うと、

パニック障害って、

「迷惑かけたく無い症候群」

だなと思うのです。

パニックになることは、

もちろん怖いんですが、

それによって、

人に迷惑かけることが、

いちばんイヤなんじゃないかなと思うんです。

呼吸出来なくなったり、

吐いちゃったり、

漏らしちゃったり、

大声出したり、

そんなことしたら、

「なんて思われるだろ...

01.02.2020

人には、

やりたいことが本当は山ほどあります。

 

アレも、

コレも、

ソレも、

ただ、それを、

恐れて止めて諦めて、

やらない自分がいるだけです。

それは、

小さい頃、禁止されたからか、

小さい頃、笑われたからか、

小さくて、出来なかったからなのか。

理由は人の数だけあるだろうし、

「そういうものだ」と、

思い込んでしまったのかもしれない。

思い込んでいることは、

思い込んでいるから、

信じて疑ってないので、

思い込んでいることにさえ気づかない。

そして、

その好きなこと、やりたいことは、

うまくいきそうにないから、

失敗しそうだから、

やめとく。

やらない。

って、

ちょっと違うと...

01.02.2020

自分が自分を責めない限り、

誰もあなたを責めません。

また責められたとしても、

平気に笑えたり言い返したりできます。

責められないって幸せです。

怒られない、

文句や不平不満を言われないのも幸せ。

で、

「問題」が起きたとき、

あなたは

何を「責められてる」と感じますか?

責められる、てことは

罪悪感がある、ということ。

どんな「負い目」を持ってますか?

どんな「罪悪感」を持ってますか?

ということは、

どんな「罪」を持っている?

自分が自分を責めない限り、

誰もあなたを責めない。

私も罪悪感なんて、

ぜんぜんゼロじゃないから、

責められたら辛いときもあるし、

つい正当化した...

29.01.2020

「都合のいいオンナ」

「都合のいいひと」

「便利なやつ」

って、いい響きではないですよね。

利用されて、

反対しないし、

いうこと聞くし、

便利で、都合がいい。

そんな人には、

なりたくないしされたくないですよね。

でも、

会社や、

家の中や、

組織や、

友人関係でも、

そうなってないですか?

「いい子」になってないですか?

便利で、

言うことをよく聞く、

役に立つ、

ちゃんとしてる。

そんな人。

だって、

その方が居場所がありますから。

だって、

その方が愛されますから。

だって、

そうしないと愛されないですし、

ここにいられない。

と「思ってる」。

で、便利なひと扱いされて悲しんでないで...

29.01.2020

人の頼みを断らない人は、

人に断られるといちいち傷つきます。

だから、人に頼まない。 

だから、いっぱいいっぱいになります。

 

いっぱいいっぱいになって、

人に頼み断られると、

さらに傷つきます。

人に迷惑かけない人は、

人に迷惑かけられると怒ります。

だから、

迷惑かけないように一人で頑張る。

で、一人でがんばって、

誰も助けてくれないという。

それが

いちばん迷惑です。

迷惑をかけあって、

助け合うことが信頼です。

大好きなあの人に

大好きなあの人だからこそ、

もっと頼ってあげましょう。

もっと迷惑かけてあげましょう。

頼らないなんて、

水くさいじゃないですか。

もっと役立...

29.01.2020

「答え」があるから、

それを見つけるために、

「問題」が起きる。

だから、

問題を解決する(無くす)のが答えではなく、

「答え」を見つけたときに、

問題が消えます。

 

学校のテストを先生が作るときも、

「大事なこと」をちゃんと理解しているか、

「答え」を理解しているかを「試す」のが「試験」試す検定、

「テスト」です。

私達の身に起きる「問題」は、

「あなたの人生の大切なものを分かっていますか?」

と、定期的に訊かれてるのだと思うのです。

で、たいてい訊かれるのは、

「大切にするべきのものを、大切に出来て無さそうなとき」

ですよね。

「はい、今朝は小テストやります」

み...

Please reload