© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

12.07.2019

何かを実現するには、

諦めずに最後までやり切る事です!

と、何度も耳にしたと思います。

私もです。

親から言われ、

先生から言われ、

会社の先輩から言われ、

色々な本に書いてあり、

偉大な人の名言にもある。

でも、できない。

途中で嫌になる。

嫌になるのを認めたくないから、

自分には向いていないとか、

もっと優れた方法が他にあるとか、

評論家の解説のように、

色々、最もらしい理由をつけて、

その行動を止めてしまう。

何かを続けられないのも、

嫌になるのも、

忙しい時間を何とかやりくりするのが

面倒になるのも、

皆、根気不足です。

それで、多くの人が

途中でやめます。

だから、最後...

12.07.2019

自分のコンセプトをつくる前段階として、

私はよくキーワードを出す7つの質問をやります。

ワクワクする瞬間は何か?とか

人からよく褒められる事とは何か?とか、

主観&過去、

主観&未来、

客観&過去、

客観&未来

について棚卸をしていきます。

すると、多くの人が、

ある言葉ばかり出て来る、

という事になります。

ある人は、

数字にずっと縁があって、

それがとても好きで、

結局、

「ファイナンスで人を助けたい」だったり、

またある人は、

夫婦の危機の克服が

何度も出てきて、

「同じような人を助けたい」だったり、

何度も出て来る言葉には、

必ずと言ってよいほど

コンセプトにつながるも...

12.07.2019

ハインリッヒの法則はご存知でしょうか?

これは、

アメリカの損保会社に勤めていた、

ハインリッヒが統計調査をしたもので、

別名「1:29:300の法則」とも呼ばれる労働災害の経験則です。

どういう事かというと、

1件の重大災害の背後には、

29件の軽度な事故があり、

そのまた背後には300件のヒヤリハットが存在するという法則です。

また、

この数字はマーケティング的に、

1件のクレームには、

29件の不満があり、

その背後には300の潜在的改善点がある、

とされています。

災害だのクレームだの話していると、

暗い気分になります。

なので、

このように考えましょう。

もし...

12.07.2019

もし、

この世の中が、

全て「黒」だとしたら、

「黒」は存在できない。

これを分かりますか?

全部黒の仮定です。

どこを見ても全部黒。

他の色も物も何も認識できない。

すると、

黒か何かすら分からなくなります。

そうです。

反対の白があるから、

黒は存在できるわけです。

正しいと思える事も、

その反対の事があるから、

正しさを認識できる。

嬉しい事も、

その反対の悲しい事や腹立たしい事があるから、

嬉しさを実感する事ができるわけです。

私は哲学者じゃありません。

でも、

15歳の時にこの真理を知った時、

とても納得しました。

何が言いたいかというと、

自分が望んでいない仕事とか、

...

12.07.2019

ジョハリの窓とは、

対人関係における気づきのフレームの事です。

・自分にも他人にもわかっている開放の窓

・自分はわかって他人にはわからない秘密の窓

・自分は気づかず他人にはわかる盲点の窓

・自分にも他人にもわからない未知の窓

の事を言います。

このフレームは対人関係だけでなく、

色々な事に使えます。

提案する時は、

なるべく相手の盲点を狙います。

なぜかと言うと、

開放の窓では当たり前(=つまらん企画)

秘密の窓では警戒される(なぜ、知ってるの?怪しい)

未知の窓ではぶっ飛び過ぎ(=使えない企画)

と思われるからです。

お客様は、常に、

自分/自社の強みを捉え直して...

12.07.2019

「人生を捧げて何になりたいのか」

普段、

忙しさの中で忘れがちですが、
これまで考えなかった人はいないと思います。

そもそも、
その自分の価値観を
どうやって知れば良いのか?

自分が本当に充実する領域。
これが自分の生き方だと心から納得できる考え方。

それをきちんと理解する事が、
ビジネスとして形にする以前にとても大事です。

それを理解するための質問が、
Dr.ディマティーニの本の中にあるので
ご紹介します。

まず、

以下の12の質問の 答えを書き出す事から始めます。

①身近にあるものは何ですか?
②一日をどんな風に過ごし...

12.07.2019

自分のコンセプトは、

皆様がずっとやりたかった事を仕事にして生きていくための全ての原点になるものです。

そして、

その原点の中の原点は、

皆様のやりたい事です。

まず、

自分がやりたいと思わないと何も始まりません。

だから、とても大事です。

当たり前です。

しかし、

皆様がしたい事をずっと考え続けても、

コンセプトは中々出来ないです。

正確に言うと、

売れるコンセプトとか、

選ばれるコンセプトができません。

意外ですがそうなのです。

どうしてかと言うと、

コンセプトは、

皆様が何者で、

お客様から見て、

何をしてくれるかが、

パッと分かるフレーズだからです。

お客様から見て、...

12.07.2019

「自分のコトを知って、それで収入を得る」

多くがこれを目指していると思います。

もちろん、私もです。

それでよく、

自分の好きな事を書き出してみる、

という事をやりませんでしたか?

「ワクワクする瞬間は何か?」

「何をしている時に、元気・嬉しさがこみ上げるか?」

というやりなのですが、

いくつかリストアップする中で、

更にこのように考えてみると良いです。

それは、

「その中で、毎日やっても飽きないものは何ですか?」

という質問です。

好きな事は何か?と問われると、

よく、

世界中を旅する事とか、

人を元気にする事といった答えが返ってきます。

でも、

よく考えてみると、

世...

12.07.2019

よく無価値感を出発点にした行動というのは、

本当のモチベーションではない、

という話を聞いた事がありませんか?

仕事に家事に頑張っている女性が、

実は、

「頑張っていないと認められない」という

無価値感が出発点だった。

あれこれ予定で一杯の人が、

実は、

「人と会っていないと、自分の存在が

 なくなってしまう」という

無価値感が出発点だった。

などの話です。

こういうのは、

ビジネスにも大いに関係します。

例えば、

常にまだまだと、

不足点ばかりに目が行き、

無理な予定を立ててしまう。

自分はまだあのレベルに達しないから、

もっと勉強しないといけないと、

やたら学びにお金を...

30.06.2019

誰でも、

自分が持っている雰囲気、

世界観、

温度、

波動、

というモノがあります。

誰かを見ていて、

「あ、この人はこんな感じだな」

「きっとこの人だったら、

 こんな人達が頼りにしそうだな」

「この人は、こんな業界の人かも」

と、無意識に判断するのは、

私だけではないでしょう。

こういうのは、

皆様が生まれて、

家庭環境や仕事環境の中で少しずつ刷り込まれ、

段々、

皆様の中に、

染み付いた価値観を反映しているものです。

その刷り込まれる過程であなたは、

きっと、

これはイイな、

これはイヤだなと、

価値観を基準に振分けをして、

今の皆様になってきたわけです。

すると、

当然、

その...

Please reload