© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

22.07.2019

もし皆様がこれから本気で、

自分をブランド化していって、

それで生きていこうと決意したとします。

例えば、

コーチとして、

コンサルタントとして、

セラピストとして、

またはベストセラー作家として、

売れっ子講師として。

しかしたった今、

それで十分な額を稼いでいくには、

まだまだ大きな隔たりがあります。

きっと、

途方もない距離に感じます。

また、

スタート地点に立った時は、

ゴールまでのステップや道筋すら全くわからないのではないでしょうか?

いえ、

きっとその道の途中ですら、

その先の道筋なんて、

はっきりとは分からないかもしれません。

私は、

そこに行き着くまでには、

5...

20.07.2019

「起業でも経営でも個人事業の計画でも、

予め立てた計画で準備を整えても、

それが要因で成功することは2割でしかない」

というものがあります。

これは、

スタンフォード大学の、

ジョン・D.・クランボルツ教授が提唱した「プランドハプンスタンス理論」というキャリア論で、

「キャリアは、偶然の出来事、

予期せぬ出来事に対し、

最善を尽くして対応することを、

積み重ねることで出来上がっていく」

という理論です。

更に、

その最善を尽くすというのは、

5つの要素から成り立つとあります。

1)好奇心

 様々なモノに興味を持って取組むことが

 チャンスの幅を広げ、良い偶然を運ぶ

2...

20.07.2019

自分が商品となるビジネスを決意すると、

多くの人がまず、

ブログを書き出します。

最初は何を書いて良いかわからず、

自分の想いなどを綴り、

学んだコーチングやカウンセリングの事を書き、

少しずつノウハウを紹介する記事になっていきます。

バックエンドがまとまった方は、

それに因んだ記事が増え、

タイトル、プロフィール、メニュー、

そして日々のメッセージが

かなり統合されていきます。

こうして統合していく作業は

いわゆる「ブランディング」です。

あなた=○○な人、

と覚えてもらうためですね。

そうやって日々、

記事を書き続けていくと、

ある時から、

アクセスが頭打ちになる事...

17.07.2019

自信ほど、

自分に行動力と安定感を与えてくれるものはありません。

自信がある時は、

未知なものに対しても、

「何とかなるんじゃないか?」

「ま、まずはやってみよう!」

という気持ちになるものです。

ところが自信がない時は、

それが全く同じ状況だったとしても、

「もしうまく行かなかったら嫌だな」

「また傷つくのはゴメンだ」

と思ってしまいます。

いくら「自信があるぞ!」と言い聞かせても、

自信を獲得する事はできません。

そうやって行動しないでいると、

チャレンジして自信を得た人を横目に更に自信を喪失してしまいます。

やはり、

何かアクションを起こさないと、

いつまで経っ...

16.07.2019

経験と学びの融合のさせ方は、

必ずしも半々ではないし、

まして、

コーチングや企画という言葉もそのまま出せば良いかというと、

そうでもないので、

コンセプトづくりは難しいです。

こういう時は、

1)できるだけ経験を優先させる。

何かをを学んでいる時は、

どうしてもその何かをやりたい!

という気持ちが強くなります。

でも、

これをお客様の視点で見てください。

皆様は、

「○○をやりたい!」という人と、

「○○ならできるけど?」という人の

どちらにお金を払おうと思うでしょう?

当然、

後者のはずです。

経験というのは当人にとっては当たり前の事です。

当たり前ですから、

本人にと...

15.07.2019

まず、

何かの理由で何かができないという理由文をつくります。

それは、

「(この理由)で、(やりたい事)ができない」というものです。

例えば、

「時間がないから、ブログが書けない」

「私にはまだ早いから、コンセプトが出来ない」

「スキルが足りないから、価格を上げられない」

などです。

そして、

この「AだからBができない」という文を改めて見て、

これは本当か?と、

一旦、客観視します。

A=Bが本当なのか?と

冷静に見てみます。

この「AだからB」という関係は、

これはよくよく考えると、

A⇒Bという式が思い込みだったり、

要らぬ不安だったりする場合が、

実は、とても多...

14.07.2019

キラキラワードとは、

いわゆる射幸心を煽る言葉の事です。

例えば、

「頑張らなくてもうまく行く」

「やりたい事だけやればいい」

「1%を変えるだけで成功する」

といった類のものです。

よく見かけます。

これは、

某マーケティング手法の一部です。

このキラキラワードが、

これがまた効きます。

「努力せずにうまく行きたい」

「嫌な事はできるだけ避けたい」

いつの時代でも人間というのは、

こういうものを追いかけるものです。

そして、もっと言うと、

「こういうやさしい言葉をかけて欲しい」

「お前は大丈夫だと言って欲しい」

と萎えそうな気持ちを救って欲しいわけです。

ある記事では、

...

14.07.2019

自分の強みは分からないものです。

人から、

「それって凄いね!」といくら言われても、

「そ~かな」となります。

なぜ、

そうなるかと言うと、

皆様にとっては、

それが当たり前だからです。

当たり前だから、

いくら凄いと言われても、

そう思えないのです。

「こんなので、いいのか?」となります。

しかし、

人から見ればそれは当たり前ではありません。

皆様が息を吸うように出来ることが、

他の人から見れば、

喉から手が出るほど、

欲しいノウハウでもあったりします。

全く違う分野で生きてきた人にとっては、

あなたの当たり前が、

凄いノウハウに変わるのです。

そして、

多くの人が、この当...

12.07.2019

アウトプットのためのインプット

に頭と習慣が切り替えるのは、

とても重要です。

例えば、

海外の仕事でで活躍したいから、

語学を勉強する。

良い文章を書きたいから、

単語を調べる。

先生に褒めて欲しいから、

良い言い回しを工夫する。

学校の勉強があまり好きではない方々でも、

何かのためにインプットとなると、

俄然、

やる気湧いてくるわけです。

言いたかったのは、

この「アウトプットのためのインプット」

という考え方が大事という事です。

というのは、

コーチングやカウンセリングなどはもちろん、

何かをライフワークとしてやっていこうとする時、

どうしてもインプット中心の生活パ...

12.07.2019

人が何かに共感する仕組みはご存知でしょうか?

相手の心を受け入れる

ポジティブに転換する理由を伝える

ポジティブに変わった未来を描く

です。

この共感してもらえるプロセスというのは、

色々な職種毎に特徴があります。

例えば、

まずセールス系の人達です。

皆様もも同じようにお感じだと思いますが、

こういう人達は、

未来を見せるのが上手です。

「これをやると、

 あなたもこんなにお客様が集まりますよ」

「これをやったら、

 あなたも月収○○万は固いです」

明るいエネルギーで、

皆様の心を躍らせます。

でも、一方で、

今のあなたに寄り添うとか、

心の奥底にアクセスできる人は...

Please reload